Wilco 『Yannkee Hotel Foxtrot』の二十周年記念ボックスセットから先行シングル「Kamera」を公開

 


今年の春、Wilcoは、『Yankee Hotel Foxtrot Box Set』の制作を発表しました。さらに、今週の初めに、バンドは、このセットに収録されるアルバム「Kamera」のリイシュー・バージョンを公開しました。これは、既に発表されている「Reservations」に続くシングルとなります。


この曲は「Kamera The Unified Theory Of Everything Version」と名付けられており、Loose Furの「Laminated Cat」(当時のJeff Tweedyの曲で、「Not For The Season」として演奏されることもあった)への言及と思われる。(Yankee Hotel Foxtrotのオリジナル盤に収録された "Kamera "とはかなり違いますが、以前から出回っているデモに似ているという。

 

ウィルコの傑作「Yankee Hotel Foxtrot」のオリジナル盤は、2002年4月23日にリリースされました。今回、このレコードは7つの特別ボックスセットとして再発売が決定。このボックスセットには、オリジナル盤の原曲をリマスターした楽曲も複数収録されているのに注目です。

 

ウィルコの長いキャリアの中で、最も大掛かりな今回の再編集盤には、11枚のビニールLP,一枚のCD,また、8枚のCD、これまでリリースされたことがない82曲が収録されています。2LP,2CDエクステンドバージョン、デジタルエディションは、Nonesuch Recordsから9月16日にリリースされる予定です。これらはすべてデジタル予約注文が可能となっております。


2002年7月のライブアクトの模様を録音したWilcoの最新シングル「Reservations」は4月19日にリリースされています。このシングルは、2002年7月23日、ミズーリ州セントルイスの「The Pageant」のライブの模様をレコーディングしたものです。今回、発売される豪華リイシュー盤、Super Delux LP、DeluxeLP、CD、及び、デジタルセットの一部に収録されています。

 

 

 

「Reservations」 


 

 

 

 「Kamera」

 

0 comments:

コメントを投稿