レナード・コーエンのトリビュートアルバム『Here It Is: A Tribute to Leonard Cohen』がブルーノートから10月14日に発売

 レナード・コーエンをトリビュートした新しいコンピレーションアルバム『Here It Is: A Tribute to Leonard Cohen』がブルーノート・レコードから発売されます。


『Here It Is: A Tribute to Leonard Cohen』は、イギー・ポップ、ピーター・ガブリエル、メイヴィス・ステイプルズ、ノラ・ジョーンズ、サラ・マクラクラン、ジェームス・テイラー、デヴィッド・グレイ、ナサニエル・レイトリフなどのカバー、Bill Frisell(ビル・フリゼール)、 Immanuel Wilkins(イマニュエル・ウィルキンス)、 Kevin Hayes(ケヴィン・ヘイズ)などのバックバンドが収録されています。アルバムはラリー・クラインがプロデュースし、ブルーノートから10月14日に発売される予定です。


同レーベルは、レナード・コーエンの1984年のアルバム『Various Positions』に収録されている「Coming Back to You」をジェームス・テイラーが演奏したものを公開しています。このジャジーでハートフルなバージョンは、アルバムバンドに加え、ベースのScott Colley、ペダルスティールのGregory Leisz、オルガンのLarry Goldingsが参加しています。これはマサチューセッツ州ワシントンの『Barn』で録音されました。試聴は以下でどうぞ。

 

 

 

コンピレーションへの参加について、ジェームス・テイラーはこう語る。



ラリー・クラインがレナード・コーエンのトリビュート・アルバムに参加しないかと誘ってくれたとき、すぐに引き受けたんだ。ラリーは優れたレコーディングのプロデューサーであり、良き友人であること、そして、私と同世代のほとんどすべての人と同じように、私もレナード・コーエンを崇拝しているからです。自分の音楽の好みを追求するようになってすぐに、コーエンの曲は数少ないお気に入りのひとつとなり、ソングライターとしての自分の進歩に大きな影響を与えたのです。

 

 ラリー・クラインは、数十年にわたるコーエンとの友情に敬意を表し、このアルバムを制作することになった。「彼はおそらく、私が持っていた最も賢明で楽しい友人であり、あらゆる点で非常に、楽しかった人でした」と彼は声明で述べています。

 

彼が亡くなった後、私は一緒に仕事をしている他のアーティストと頻繁に彼の曲をカバーしていることに気づきました。理由のひとつは、もちろん曲がとても良いから-ある意味、レナードは最高のポップソング・ライターなんだけど、もうひとつの理由は、それが私の周りに彼の空気をとどめておくのに役立ったからだよ。




HERE IT IS: A TRIBUTE TO LEONARD COHEN TRACKLIST
1. Steer Your Way – Norah Jones
2. Here It Is – Peter Gabriel
3. Suzanne – Gregory Porter
4. Hallelujah – Sarah McLachlan
5. Avalanche – Immanuel Wilkins
6. Hey, That’s No Way To Say Goodbye – Luciana Souza
7. Coming Back To You – James Taylor
8. You Want It Darker – Iggy Pop
9. If It Be Your Will – Mavis Staples
10. Seems So Long Ago, Nancy – David Gray
11. Famous Blue Raincoat – Nathaniel Rateliff
12. Bird On The Wire – Bill Frisell

0 comments:

コメントを投稿