ビヨンセ、英『VOGUE』誌の表紙撮影時の自主制作ビデオを公開

Beyoncé

 

Beyoncéは、先月のBritish Vogueのカバー撮影からいくつかのBTSを映した自作ビデオを公開し、さらに、ニューアルバム『RENAISSANCE』のファーストシングル「Break My Soul」をサウンドトラックに使用しています。


Beyoncéは『British Vogue』の7月号のカバーを飾り、さらに先月、編集長のEdward Enninfulとのインタビューが共有されたが、昨日、7月1日、Beyoncéは自ら監督した1分半のビデオを公開した。

 


 

このショートカットフィルムは、ビヨンセの次作アルバム「RENAISSANCE」からのリード曲である最新シングル「Break My Soul」をサウンドトラックとし、Rafael Pavarottiが撮影したセットアップの様子を映し出しています。

 

6月30日、ビヨンセは、RENAISSANCEの衝撃的なカバーアート、このアルバムに関する声明を発表した。 

 

Beyoncéは、この新作アルバム『RENAISSANCE』について次のように話している。

 

「世界にとって恐ろしい時代に、私に夢を見る場所と逃避を見つけることを許してくれました。このアルバムは、他のアーティストがほとんど動いていなかった時代に、私に自由と冒険を感じさせてくれました。今回の制作において、私が意図したのは、安全な場所、判断のない場所を作ることでした。完璧主義や考え過ぎから解放される場所。叫び、解放し、自由を感じるための場所。それは美しい探求の旅でした」

 

 

「Break My Heart」 

 

 


ファン待望のニューアルバム『RENAISSANCE』は7月29日に発売される。アルバムの詳細についてはビヨンセ公式ホームページで御確認下さい。

 

https://shop.beyonce.com/ 



0 comments:

コメントを投稿