エリザベス女王死去によりマーキュリー賞の発表が延期

 



今夜は、英国レコード産業が英国またはアイルランドのアーティストによるベストアルバムを祝して授与するマーキュリー賞の発表のはずでした。31回目となるこの賞の発表が行われるはずでしたが、本日未明にエリザベス2世が亡くなったため、受賞者の発表が正式に延期されることになったようです。


"今夜のマーキュリー賞イベントは、この大きな国民的悲しみの時に延期されました。"式典のソーシャルメディアアカウントは、声明の中で述べています。「マーキュリー賞の関係者の皆様にはご理解いただけると思います。私たちの思いと哀悼の意は、この非常に困難な時期にある王室と共にあります」


また、授賞式は、"今後の手配については、可能な限り早く発表します "と付け加えています。


今年のノミネート作品は、ファーガス・マクレディの『Forest Floor』、グウェノの『Tresor』、ハリー・スタイルズの『Harry's House』、ジェシー・バックリー&バーナード・バトラーの『For All Our Days That Tear the Heart』、ジョイ・クルークスの『スキン』などがある。ほかにもKojey Radicalの『Reason to Smile』、Little Simzの『Sometimes I Might Be Introvert』、Nova Twinsの『Supernova』、Sam Fenderの『Seventeen Going Under』、Self Esteemの『Prioritise Pleasure』、Wet Legの『Wet Leg』、Yard Act『The Overload』などがノミネートされています。


2022年版の受賞者に関しては、同賞が追加発表した時点で更新される予定です。マーキュリー賞の公式ツイートは以下よりご確認ください。



0 comments:

コメントを投稿