Maja Lena 新作アルバム「Pluto」のリリースを発表 12月2日に発売

 

Maja Lena


UKのストラウドを拠点とする気鋭のシンガーソングライター、Maja Lenaが新曲「Clear As The Water」を公開した。(各種ストリーミングはこちらから)

 

マジャ・リナは、イギリスのグロスタシャーのマーケットタウン、ストラウドのオルタナティヴ・フォークやコンテンポラリー・フォークに関連したDIY集団の中で育ち、彼女自身の声を構築するための余地を与えられた。2020年に最初の二曲入りのシングル「Avalanche」をリリースしている。また、昨年にはデビュー・アルバム「The Keeper」をChiverinから発表している。

 

直近のMaja Lenaの作品には、エレクトロニックな傾向が見られ、フォークトロニカに近い雰囲気を擁する。このシンガーソングライターにとって自然界との関係性は常に重要な音楽における試金石となっているという。

 

また、Maja Lenaは2ndアルバム『Pluto』のリリースを発表した。この新作アルバムは12月2日にリリースされる。

 

アルバムの発表に合わせて「Clear As The Water」が先週の10月12日公開されている。この新曲において、プロデューサーを担当したロブ・ペンバートンは、型にはまらないパーカッションのリズムを駆使し、Majaのソングライティングを活性化させるようなアレンジを構築するための手助けをしています。このニューシングルについて、マジャ・リナは以下のように説明しています。

 

「Clear As The Water」は、シンセをふんだんに使ったレコードのサウンドトーンを設定した。この曲は、自分自身に働きかけ、自分の中でポジティブな変化を起こそうとするものです。

 

この曲を書いた時は、山の風景にとてもインスピレーションを受けていて、自然の中に身を置くと透明感や新鮮な視点を感じる。特に、広大でドラマチックな風景の中では、小さく取るに足らない存在でありながらとても自由だと感じることができる。それを反映した多幸感、楽しくて高揚感のある音楽にしたいと思っていました。

 

 

 

 

Maja Lena 『Pluto』

 


Label:  Chiverin

Release: 2022/12月2日

 

 

 Tracklist:

 

1.Daylight Comes Revealing

2.No More Flowers

3.Silent Quilt

4.The Stone

5.Same Walk

6.Clear As The Weather

7.Through The Wall

8.Telepathy

9.Portal

10.The Curtain

 


Bandcamp:

 

https://majalena.bandcamp.com/album/pluto 

0 comments:

コメントを投稿