ネヴァーマインド裁判に決着はつかず  スペンサー・エルデン氏は裁判の結果を不服とし控訴

裁判の争点となっているニルヴァーナの「ネヴァーマインド」のジャケット 1991年 ゲフィンより発売


 今年 9月、NirvanaのNevermindのカバー・ベイビー、スペンサー・エルデンがカバーアートをめぐって損害賠償を求めて起こした訴訟は、時効が成立していることを理由に、米国連邦地方裁判所の判事によって3回目で最終的に棄却されている。しかし、エルデンは裁判を続けることを拒み、今、棄却を不服として控訴を申し立てている。


31歳のスペンサー・エルデンは、ニルヴァーナの象徴的なアルバム・ジャケットに自分の写真が使われたとき、生後わずか4カ月だった。スペンサー・エルデンは、バンドの生存メンバー、コートニー・ラブ、ユニバーサル・ミュージック・グループ、写真家のカーク・ウェドルに対する最初の訴訟で、写真を作成するために用いられた「不法行為」が彼に「永久的損害」を与えたとし、写真の使用を児童ポルノと呼んでいた。


この訴訟は今年9月2日に正式に棄却されたが、スピンによると、エルデンの弁護士は現在、この写真によってエルデンが被った被害は現在も続いているため、裁判長の時効に関する判断が誤っていると主張し、判決を不服としているとのこと。また、児童ポルノの被害者が成人後も金銭的賠償を求めることができるマーシャ法も引用しています。


エルデンの弁護士は提出書類の中で、"裁判所は、児童ポルノの配布は、配布時の被害者の年齢に関係なく、被害者の尊厳利益を侵害すると繰り返し判示してきた "と述べている。


さらに、スピンによると、・エルデンは「被控訴人らが、生後4ヶ月の彼の正面ヌード画像を商業的に利用し、世界中の何百万人もの人々(その多くは彼の知らない人々)にアルバムを販売していることを認識している」とも書いている。このことは、当然のことながら、彼に極度の継続的な精神的あるいは感情的損害を与え、それに対して損害賠償と差止命令を受ける権利を与えています。この救済措置は、彼の性的イメージを世界から取り除くことはできませんが、彼に精神的な治療を受ける手段を提供し、被控訴人による彼のプライバシーの配布と度重なる侵害がついに止まると知る利益を与えるでしょう "と述べています。


米国連邦地方裁判所のフェルナンド・M・オルギン判事による9月2日の判決では、"要するに、(エルデンが)違反を発見してから10年以内に訴状を提出しなかったことは議論の余地がないため......裁判所は彼の主張は時効でないと結論づける "と述べられている。さらに、"原告は時効に関する訴状の不備に対処する機会があったため、裁判所は、原告に4回目の修正訴状提出の機会を与えることは無駄であると説得される。"と述べた。


エルデンは、当初、30周年記念特別版のリリースにジャケットが使用されるのを阻止することを期待して訴訟を起こしたが、訴訟は発売日を超えて継続された。彼の最初の訴えは、ニルヴァーナの訴えの却下要求に対する最初の回答期限を過ぎていたため、2022年1月に却下された。


エルデンは自分に与えた損害について論じているが、過去には2016年にアルバム25周年記念でアルバム・ジャケットを再現し、祝福したこともある。

0 comments:

コメントを投稿