Olafur Arnolds(オラファー・アーノルズ)   音楽祭、レーベル、コミュニティ・ハブの複合体 OPIA Communityの設立を発表

 


グラミー賞にノミネートされたアイスランドのポストクラシカルシーンの旗手であるOlafur Arnoldsが旅する音楽祭、レーベル、コミュニティ・ハブであるOPIA Communityの設立を発表しました。公式サイトはこちらよりご覧下さい。


実験とコラボレーションを奨励する環境を作りたいという願いから生まれたOPIAは、当初、2019年に1日限りのフェスティバルとして設立されました。第1回はロンドンのサウスバンク・センターで開催され、オラファー自身と彼のエレクトロニック・デュオ、キアスモスが出演したほか、ハニア・ラニ、ライ、グランドブラザーズ、ポピー・アクロイドが出演し、ソールドアウト。パンデミックの影響でOPIAの今後の計画はすべて中断されましたが、この初回イベントで確立されたコミュニティはオンライン上で着実に成長を遂げました。


2023年、OPIAは3つの柱からなる組織として生まれ変わります。旅するフェスティバル、レコード・レーベル、そしてユニークな実体験を中心としたコミュニティ・プロジェクトのハブとして……。


「アイスランドの小規模で緊密な音楽シーンの出身である私にとって、音楽におけるコミュニティとコラボレーションは、創作活動にとって常に非常に重要なものでした。このストリーミング・アルゴリズムと社会的断絶の時代に、私は出会い、語り合い、創作し、インスパイアし、インスパイアされるスペースを作りたかった」とアーナルズは言います。「それが最初のOPIAの背景にあったアイデアで、ようやくこの新しい活性化した形で復活させることができ、有頂天になっている。私の願いは、OPIAが実生活での経験やつながりを通して創造性が繁栄するような環境を主催できることです」


この新章を記念して、OPIAは10月18日にベルリンのサイレント・グリーンで再始動イベントを開催します。


この夜の公演には、Olafur Arnoldsの友人やコラボレーターが多数出演する「オラファー・アーナルズ&フレンズ」の一期一会のパフォーマンスも含まれています。また、コスタリカ出身でベルリンを拠点に活動するピアニスト、ソフィ・パエズ、そして、アイスランドの大御所シンガーソングライター、JFDRも出演する予定です。



0 comments:

コメントを投稿