The Gaslight Anthem、『History Books』を10月27日にリリース タイトル曲はブルース・スプリングスティーンが参加

 

©Kelsey Ayres


ニュージャージー州のパンクロックバンド、The Gaslight Anthem(ザ・ガスライト・アンセム)が、9年ぶりとなる6枚目のアルバムを発表した。

 

『History Books』は10月27日にThirty Tigers/Rich Mahogany Recordingsからリリースされる。ブルース・スプリングスティーンが参加したリードシングル/タイトル曲は本日リリース済み。以下よりチェックしてほしい。


「ブルース・スプリングスティーンが僕らのためにデュエットを書くべき、なんて言ったとき、僕の頭はほとんど爆発しかけてたと思う」とフロントマンのブライアン・ファロンは声明で語った。

 

「紛うことなき、世界で最も偉大なソングライターの一人であり、僕のヒーローの一人であるブルース・スプリングスティーンの歌声が、僕が10月にニュージャージーで小さな木の机に向かって書いた曲の中に永遠に収められているということは、僕にとって決して飽きることはないだろうね」


ガスライト・アンセムは、前作『Get Hurt』を引っ提げたツアーの後、2015年に活動休止を発表した。

 

「バンドがどんなレベルの成功や人気にも達するとき、それは贈り物なんだ」とファロンはコメントした。

 

「芸術を生業にできるのは本当に奇跡的なことだよ。バンドがここまでやってきて、いまだに僕らの音楽にインスピレーションやつながりを見出すことができるのは宝物だ。再結成の時間を与えてくれたファンに感謝しているよ」


「僕らの誰もが、僕らがどれだけ成長したかを示すような、とても地味でシリアスなアルバムを作りたくなかった。でも、全体的なムードは、また一緒に活動できることに興奮している感じだった」


「History Books」


 


The Gaslight Anthemが、次作アルバム『History Books』に収録される「Little Fires」を公開した。このシングルは以下より。


この騒々しい新曲は、ブライアン・ファロンがリプレイスメンツ風のギターのメロディーに乗せて若い恋の物語を語り、ニュージャージーのバンドが最高のパンク・ポップであることを物語っている。ブライアン・ファロンは、リプレイスメンツ風のギターのメロディーに乗せて、若き日の恋の物語を吠える。「わかってる、わかってる、君が永遠に僕の一部であることはわかってる」と彼は歌う。


2014年の『Get Hurt』以来となるガスライト・アンセムのアルバム『History Books』は10月27日発売で、既発曲「Positive Charge」とブルース・スプリングスティーンのデュエット曲「History Books 」が収録されている。

 

 

「Little Fires」



The Gaslight Anthem 『History Books』

 

Label: Thirty Tigers/Rich Mahogany

Release: 2023/10/27

 

Tracklist:

 
1. Spider Bites


2. History Books [feat. Bruce Springsteen]


3. Autumn


4. Positive Charge


5. Michigan, 1975


6. Little Fires


7. The Weatherman


8. Empires


9. I Live In The Room Above Her


10. A Lifetime Of Preludes



0 comments:

コメントを投稿