Killing Jokeのギタリスト、ジョーディ・ウォーカーが64歳で死去  チェコ・プラハで没する


80年代のUKポストパンクシーンの一角を担ったKilling Jokeのギタリスト、ジョーディ・ウォーカーが64歳で死去した。

 

バンドは、ダブ、インダストリアル、メタルの音楽をミックスし、ポストパンクシーンに新風を呼び込み、Gang Of Fourと共にイギリス独自のリズムを確立した。ジョーディー・ウォーカーは変則的なビートによるリズムギターを演奏することで知られている。バンドの楽曲「The Wait」は、のちにメタリカによってカバーされ、メタルファンにもその名を知られるようになった。


バンドメンバーはインスタグラムでこのニュースを確認し、次のように書いた。「2023年11月26日午前6時30分、プラハにて、キリング・ジョークの伝説的ギタリスト、ケヴィン・ジョーディ・ウォーカーが脳梗塞で倒れ、家族に囲まれて息を引き取った。彼は家族に囲まれていた。安らかに眠ってほしい」


1958年生まれのウォーカーは、シンガーのジャズ・コールマンと共に、伝説のポスト・パンク・バンドのたった2人しかいない不変のメンバーのひとりだった。彼は、コールマンが『メロディー・メーカー』に掲載した広告に反応し、1979年にバンドに加入した。「キリング・ジョークの一員になりたい? 完全な搾取、完全な宣伝、完全な匿名。ベースとリード募集」という広告を見かけたのがきっかけだった。


「ロンドンに引っ越してきたばかりで、Melody Maker誌の広告を見た。で、その男に会いに行って、すぐに音楽の趣味とかについて彼と口論を始めた。言い争いの激しさが気に入ったんだと思うよ」


1979年に最初のEP『Turn to Red』をリリース後、キリング・ジョークは翌年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。


彼らの目標は「厳格な音楽形式によって音楽的ルネッサンスを起こすこと」だったと、コールマンは2018年に『Uncut』に語った。「1979年の日記にそう書いた。ギターソロなし、パロディ以外のブルースなし、アメリカニズムなし。私たちは、イギリスのリズムとは何かというようなことを延々と話し合った。私たちには伝統的なフォークがなかった。キリング・ジョークは伝統を再発見したのさ」


キリング・ジョークの1980年代のリリース活動は、1981年の『What's THIS For...!』、1982年の『Revelations』を含む7枚のスタジオ・アルバムまで及ぶ。


その頃、ウォーカーはコールマンと共に、黙示録への懸念からアイスランドの首都レイキャビクに移住した。1985年、バンドはヒット・シングル'Love Like Blood'と'Eighties'をフィーチャーした『Night Time』をリリース。ギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルは、デイヴ・グロールをドラムに迎えた2003年のセルフタイトル・アルバムをプロデュースした。バンドの最新作は昨年の『Lord of Chaos EP』で、3月にはシングル「Full Spectrum Dominance」をリリースした。


「世界中の何百万人もの人々にとって、ジョーディは伝説的なロックバンド、キリング・ジョークのギタリストであり、メイン・ソングライターだった」と、彼の親友ルカ・シニョレッリはウォーカーへの弔辞に書いている。


「メタリカが1980年のKJの曲 "The Wait "をカヴァーしたことで、バンドとジョーディーのギター・ワークは少なくとも2つの新しい世代に紹介された。ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリンで有名なあのジミー・ペイジ)は、ジョーディを史上最高のギタリストの一人と考えていた」


「しかし、彼が "ギタリストのギタリスト "であったからという理由でジョーディを称えたくはないね。彼が40年に及ぶ成功と危機の中で陣頭指揮を執ったバンド、キリング・ジョークは、今でも史上最も影響力のあるバンドのひとつなんだ。でも、ジョーディの音楽的記録については、私が語るよりも、他の人たちがよりよく語ってくれるはずさ。今となっては、そんなことはどうでもいいよ。私が覚えておきたいのは、ジョーディが40年間、家族以外で最も親しい友人であり、最も大切な人だったということなんだよ」



キリング・ジョークのセルフタイトルアルバムが紹介されているポストパンク名盤ガイドも参照してみて下さい。

0 comments:

コメントを投稿