ピーター・ガブリエル 『i/o』の最終プレビュー「Live and Let Live」を公開 平和と赦しに関する重要な提言を行う

 


ピーター・ガブリエルが、12月1日にリリースされるニューアルバム『i/o』の最終曲「Live and Let Live」を公開した。これまで満月に合わせて神秘主義的なリリースをおこなってきたガブリエル。新作アルバムのラストプレビューだ。


このアルバムは、ジェネシスのボーカリスト、ピーター・ガブリエルにとって21年ぶりとなるオリジナル曲集である。「ライブ・アンド・レット・ライブ」ブライト・サイド・ミックスとダーク・サイド・ミックスと合わせて以下をチェックしてみよう。


このシングルについて、ガブリエルは声明を通じて、人種隔離政策(アパルトヘイト)、ウクライナ戦争、中東戦争と彼が関心を持つあらゆる現象に由来することを解き明かした。そしてロックアーティストとして考える平和とは何か、赦しとは何かについて重要な弁明を行なっている。


「リバーブレーション・プロジェクトの多くの作業は、そのようなアイデアに焦点を当てている。赦しについて書くのはどうかと提案されたとき、最初は『私には面白くないな』と思ったが、2つのことを思い出した。デズモンド・ツツ大主教は、エルダーズの議長であり、私の真の師でもある。南アフリカで真実和解委員会を率い、アパルトヘイト時代の恐怖の一部を暴露し、報告し、そしてまた感じることができた。彼がいつも言っていたのは、『耳を傾けることが大きな違いを生む』ということだった。そして時には、それが赦しの空間を生み出すこともあった。


 また、ネルソン・マンデラが27年間の獄中生活を終えて出所し、南アフリカの大統領になろうとしたとき、自分を牢獄に閉じ込めていた責任者たちの隣に立っていたというエピソードもある。彼は、古い恐怖と憎しみが自分の中で膨らんでいくのを感じたという。しかし、よく考えてみると、彼はこれらの人々と協力し、彼が『虹の連合』と呼ぶものを構築する方法を見つける必要があることに気づいた。彼らの人間性を感じ、最終的には彼らを許す方法を見つける必要があった。もし彼らを許せず、彼らと協力する方法を見つけられなければ、自分は一生彼らの囚人のままであると確信していたのだ。


 現在、中東やウクライナなど、暴力と残忍さが残る世界中のあらゆる場所で起きていることを見れば、花束を持ち、赦しを説いて歩くことは、陳腐で哀れなことのように思えるかもしれない。でも、長い目で見れば、人々は道を見つけなければならないと思う。『平和は他人の権利を尊重するときにのみ起こる』というのは、コスタリカの平和大学の言葉ですが、これは私にとって、そして私の人生にとって本当に重要なメッセージだと思いました。その傷に従属するか、自分自身を解放するかのどちらかであり、赦すことは明らかに自分自身を解放する超効果的な方法なんだ」


0 comments:

コメントを投稿