テイラー・スウィフトのコンサート映画『The Eras Tour』のチケット売上が2億5000万ドルを突破

Taylor Swift/The Eras Tour

現在、世界的に旋風を巻き起こしている「テイラー・スウィフト現象」は依然として収まる気配を見せないテイラー・スウィフトの大ヒットコンサート映画『The Eras Tour』は、本作の配給会社のAMCシアターによると、全世界でのチケット売り上げが2億5000万ドルを突破したことが分かった。ハリウッド・レポーター紙によると、この凄まじい記録は、3時間以上のミュージカル大作が、今年の大作映画トップ20にランクインしたことを意味するという。


さらに、ビルボード誌によると、映画『Eras Tour』は週末を終えて、北米での累計興行収入は1億7820万ドル、海外での累計興行収入は7180万ドルにのぼった。このコンサート映画は現在、2023年の世界興収ランキングで『The Nun II』(2億6800万ドル)に次ぐ19位を記録し、アメリカ国内では反人身売買映画として物議を醸した『サウンド・オブ・フリーダム』(1億8420万ドル)、『ジョン・ウィック:チャプター4』(1億8710万ドル)に次ぐ11位につけている。


映画『The Eras Tour』は今週木曜日(11月30日)に再公開される。11月27日、シンガーは34歳の誕生日を記念して、この映画を家庭用オンデマンドで配信すると発表した。彼女のキャリアを振り返るツアーの記録は、劇場版ではフィーチャーされなかった3曲をフィーチャーした拡大版としてホームスクリーンに登場する。「Wildest Dreams」、「The Archer」、「Long Live 」である。


この映画は、米国、カナダ、そして近日中に発表される他国で、12月13日にオンデマンドでレンタルされる予定。現時点では、日本での公開は未定となっている。『Taylor Swift: The Eras Tour』は10月に公開され、9,280万ドル以上の興行収入を記録し、たった1回の週末で瞬く間にコンサート映画史上トップの興行収入を記録した。 

 

このニュースを自身のソーシャル・メディアで発表したテイラー・スウィフトは、今回レンタル開始される同映画の拡大版には、「Wildest Dreams」「The Archer」「Long Live」のパフォーマンスが追加収録されることを明かしている。同映画には、カリフォルニア州イングルウッドにあるSoFiスタジアムで行われた“THE ERAS TOUR”からの3公演の映像が収録される。

 



先月、テイラー・スウィフトは、2014年の大ヒット・アルバムの再録版で、5曲の未発表曲を追加収録した『1989 (Taylor’s Version)』を発表した。彼女は、本作のリリースを、2023年12月22日に全米で公開予定の新作アニメ映画『Migration』の予告編に登場した「Out Of The Woods」の新ヴァージョンで予告している。ジャック・アントノフと共作・共同プロデュースした同曲のオリジナル・ヴァージョンは、アルバム『1989』からの6曲目のシングルとして2016年にリリース。


0 comments:

コメントを投稿