リアム・ギャラガー & ジョン・スクワイアの新作アルバムが発表間近か ニューシングル『Just Another Rainbow』が1月にリリース予定


リアム・ギャラガーとジョン・スクワイアが、以前から予告されていた極秘のコラボレーションを発表し、デュオとして全アルバムをレコーディングしたことをガーディアン誌に明らかにした。


元オアシスのフロントマンと元ストーン・ローゼズのギタリスト、マンチェスター出身で最も成功した2人のミュージシャンには、長年の交流がある。スクワイアはオアシス、そして後にギャラガーと壮大なサイケデリック・バラード『Champagne Supernova』のライヴで共演し、1997年にはギャラガーがスクワイアと共作した『Love Me and Leave Me』という曲が、オアシスのツアーをサポートしていたスクワイアのバンド、シーホースによってレコーディングされた。しかし、2人がデュオとして音楽をレコーディングするのは、この新しいプロジェクトが初めてである。


アルバムのタイトルと発売日はまだ完全に発表されていない。同誌によると、フル・アルバムになる予定だという。


ガーディアン紙はニューアルバムについて以下のように評している。「魅力的で生々しく、クランチングで即効性のあるプロダクション・サウンドで、エネルギーに満ちた曲は、ストンプするリズム、骨太なリフ、痛々しく明るいメロディアスなトップ・ラインなど、ブリットポップのヘビー・エンドに位置する」「ブルース、ガレージ、サイケ・ロックも主要な構成要素であり、意外にもビートルズが試金石となっている」


10月にXからリリースされると噂されるデュオのアルバムについて尋ねられたギャラガーは、はっきりと肯定することなく、典型的な威勢の良さでこう答えた。「リヴォルヴァー以来のベスト・アルバムだ」


もうひとつの曲のタイトルは、アメリカのジャーナリストで小説家のトム・ウルフの自由奔放な物語を引用したもので、スクワイアが書いた歌詞は時にかなり棘がある。「自分の好きなように作り上げろ/誰もあなた以上のことはわからない......。あなたの思いと祈りに感謝し、くたばれとギャラガーが歌う場面もある。


最初のシングル『Just Another Rainbow』は、ストーン・ローゼズの『Waterfall』を彷彿とさせ、スクワイアのファンキーで元気なソロが印象的な曲で、1月5日にリリースされる。スクワイアは、この曲は「失望について歌ったもので、本当に欲しいものは決して手に入らないという感情だ。でも、僕は曲を説明するのが好きじゃなくて、それはリスナーの特権だと思うんだ」と語る。



両者は当初、リモートで共同作業を行い、スクワイアがギャラガーに曲のアイディアを送ったり、ジミ・ヘンドリックス、セックス・ピストルズ、フェイセズ、ボブ・マーリー、ビージーズなどを参考にしたと言われている。


ロサンゼルスでのフル・セッションの前に、スクワイアのマックルズフィールド・スタジオでデモが作られた。スーパー・プロデューサーでポップ・ソングライターのグレッグ・カースティンがベースを弾き、ジョーイ・ワロンカーがドラムを叩いた。ワロンカーは、REMやベックと共演するだけでなく、トム・ヨークやフリーらとアトムス・フォー・ピースで演奏したこともあるスーパーグループのベテランだ。


シーホースがアルバム『ドゥ・イット・ユアセルフ』で全英2位を獲得し、ヒット・シングル『ラヴ・イズ・ザ・ロウ』を引っさげて成功を収めたのに対し、スクワイアはストーン・ローゼズで最もよく知られている。


インディー・ポップ、サイケデリック・ロック、ダンス・ミュージックを融合させた彼らは、90年代初期のマッドチェスター・シーンを代表するバンドとなった。しかし、このバンドはわずか2枚のアルバムで解散し、シーホースは1枚しかレコーディングしていない。それ以来、スクワイアの音楽活動は断続的になり、近年はビジュアル・アートに専念している(『Just Another Rainbow』のスリーブ・アートでコラボレーションしている)。2009年にストーン・ローゼズの再結成は「絶対にない」と言っていたにもかかわらず、バンドは2年後に再結成を果たした。再びライヴを行うのみならず、バンドは2016年にも『All for One』と『Beautiful Thing』の2曲をレコーディングした。スクワイアはまた、2002年と2004年に2枚のソロ・アルバムをリリースしている。


マンチェスターの80年代のFACTORY  RECORD周辺のカルチャーについては以下の記事を参考にしてみてください:


FACTORY RECORDS  80年代のマンチェスターサウンドの立役者たち 

0 comments:

コメントを投稿