Taylor Swift(テイラー・スウィフト)がタイム誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選出



テイラー・スウィフトがTIME誌が選ぶパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。今年、大規模なツアーで億万長者の地位を獲得したポップ界の大スターは、ウラジーミル・プーチン、バービー、チャールズ皇太子、サム・アルトマンといった候補者を抑えての受賞となった。


昨年は、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領と「ウクライナの精神」が、ロシアの侵攻以来の見出しを独占し、ランキングのトップに立った。


スウィフトは、この象徴的な雑誌の表紙のためのインタビューで、「これは私がこれまで感じた中で最も誇らしく、最も幸せなことであり、これまでで最も創造的に満たされ、自由なことです」と語った。


スウィフトは、NFLのスター選手であるボーイフレンドのトラヴィス・ケルスのことを初めて公の場で話し、フットボールのスター選手が彼の兄とシェアしているポッドキャストへのコメントから始まった関係を共有した。


今年、大規模なツアーで億万長者の地位を獲得したポップ界の大スターは、ウラジーミル・プーチン、バービー、サム・アルトマンを抑えてこの栄誉に輝いた。


「トラヴィスが彼のポッドキャストでとても愛らしく私を非難したことがすべての始まりだった。私たちはその直後から付き合い始めたの」とシンガーは語り、悪名高い2人の最初の公の場でのデートは試合ではなかったと付け加えた。「あの試合で私たちの初デートを見たと思っている人もいると思う。でも、私たちは、初デートを強行するようなサイコなことはしないわ」


スウィフトはまた、カンザスシティ・チーフスでの彼の試合に出席した際、彼女が注目されていることも認めている。「私はトラヴィスを応援するためにそこにいるだけ。私はトラヴィスを応援するためにそこにいるだけで、あまりに多くのものを見せられて、何人かの父親やブラッズ、チャッズを怒らせているかどうかなんて、まったく意識していない」と彼女はTIME誌に語った。


スウィフトは、史上最大規模となるErasツアーの準備のために行った激しいトレーニングについて同誌に語った。スウィフトは、公演の6ヶ月前からトレーニングを開始し、セットリストをすべて大声で歌いながら、毎日トレッドミルで走ったという。その後、3ヶ月間のダンス・レッスンが続けた。


過去96年間、この伝統にはアドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリン、ホメイニ師など、物議を醸した人物が名を連ねてきた。

0 comments:

コメントを投稿