The Libertines 『All Quiet On The Eastern Esplanad』の2ndシングル「Night Of The Hunter」をリリース

 


ザ・リバティーンズは、「Run Run Run(ラン・ラン・ラン)」に続く最新曲「Night Of The Hunter(ナイト・オブ・ザ・ハンター)」を発表しました。

 

この曲は、4作目のアルバム「All Quiet On The Eastern Esplanad(オール・クワイエット・オン・ザ・イースタン・エスプラネード)」(EMIから2024年3月8日発売)に期待される新たなテイスト。


この新曲のコンセプトについて、ピート・ドハーティは、「この曲は、法律より先に進まないことについて歌っている。この男はなぜ仲間が死んだのかよくわからないが、仲間の自業自得だと感じている。悪い奴らと関わって、持ってはいけないものを盗んで、刺された。だから彼は怒り、傷つき、復讐しなければならない。仲間を刺した若者を刺してしまえば、それで終わりだ。彼は復讐のために暴言を吐き、彼らが自分を捕まえに来ることを知っていて、逃げようともしない」


「リフを書き始めたら、白鳥の湖のような感じになった。「それからピーターのテルミン奏者を呼んで、チューニングを合わせるのに1日くらいかかった」


「Night of the Hunter」は、アレックス・ブラウン(ラ・ルー、ジェイムス・ブレイク)が監督した新しいビデオと一緒にリリースされた。ファーストシングル「Run Run Run」と同様、マーゲート周辺で撮影された。以下からチェックして見てください。



0 comments:

コメントを投稿