Future Islands(フューチャー・アイランズ) 新作アルバム『People Who Aren't There Anymore』の6thシングル「Say Goodbye」をリリース

 

©︎Frank  Hamilton

ボルチモアのシンセ・ポップバンド、Future Islands(フューチャー・アイランズ)は、アルバム『People Who Aren't There Anymore』の六作目となるシングル「Say Goodbye」をリリースした。

 

このシングルは、ジョナサン・ヴァン・トゥルケン(Top Boy、Shogun)が監督したミュージックビデオとともに到着した。これまでと同様、レトロな雰囲気を擁するシンセポップ/ロックのアプローチに変更はないが、ウイリアム・キャッションのボーカルの渋み、ドライブ感のあるシンセ、ギター、ベースはアンサンブルとして一体感を生み出し、独特な哀愁を醸し出す。

 

ゲリット・ウェルマーズのメロディーに照らされ、ウィリアム・カシオンとマイケル・ローリーのリズムにチャージされたヘリングの人生経験豊かな歌声と叫び声は、当初からフューチャー・アイランズは唯一無二の存在であり、一目でそれとわかるものだ。

 

その前提は『People Who Aren't There Anymore』でも変わっていないが、バンドがこれほど共感的なサウンドを奏で、ヘリングがこれほど統合され、彼が歌っているものとそのサウンドが、ジオラマ・モザイクのように融合したことはかつてなかった。-4AD

 

「The Fight」「Deep in the Night」「The Tower」、「Kingdom of Sweden」、「Peach」に続くプレビューシングル。以下からご視聴下さい。

 

 

「Say Goodbye」

 


2020年の『As Long As You Are』以来となるフューチャー・アイランズの新作は、1月26日に4ADから発売される。これまでにFuture Islandsがリリースした六作の先行シングルの視聴は下記より。


0 comments:

コメントを投稿