【Mei Semones(メイ・シモネス)] - Interview   -Brooklyn's Singer-songwriter's Voice-  ブルックリンの新進気鋭のシンガーソングライター 音楽的なバックグランドを語る

 Interview- Mei Semones  

 

  -Brooklyn's Singer-songwriter's Voice-   ブルックリンの新進気鋭のシンガーソングライター 音楽的なバックグランドを語る

 

Mei Semones ©Sophie Minello

 

Mei Semones is a singer-songwriter/guitarist based in Brooklyn. The artist became acquainted with music at an early age through playing the piano her grandmother bought her; she began playing guitar at the age of 11 and eventually discovered jazz by the time she was in high school. Thereafter, Semones specialized in jazz harmony and improvisation while attending Berklee College of Music.

 
A new EP by the artist, "Kabutomushi" was released today on Bayonet Records. In this interview, we had the opportunity to talk with the artist about musical background, her EP, what she learned at Berklee College of Music, as well as valuable insights about her Japanese lyrics and the charms of the city of Brooklyn.  Read the full episode below.


 

Music Tribune:


To begin with, let me ask you a few questions about your musical background. Your biography by your label indicates that you have been playing piano and guitar since you were young. Tell us about how you started playing an instrument.



Mei Semones:


My grandma bought my family a piano when me and my sister were 4 years old. I started taking piano lessons then, and around the age of 11 I switched to guitar. I started with rock music, and in high school I was introduced to jazz, and I went on to study jazz guitar at Berklee College of Music.

 

 

Music Tribune:

 

What kind of family did you grow up in? What kind of person do you think you were as a child?

 



Mei Semones:

 

My parents have always been very supportive of everything I want to do. I have a twin sister (fraternal) named Saki. My mom is from Yokosuka, Japan, and my dad is from Ohio. I grew up in the suburbs of Ann Arbor, Michigan, and I would say it was a pretty peaceful place to grow up. As a child I think I was somewhat shy, quiet, and self conscious, but happy for the most part.

 


Music Tribune:


You started playing jazz guitar in high school and later studied music at Berklee College of Music. Were you ever in a band during your high school years? Also, I have the impression that Berklee has a strong focus on jazz education, with Pat Metheny as an instructor. What did you learn in school?

 

 

Mei Semones:

 

I played in the jazz combos at my high school, which were mostly quartets and quintets, with a heavy emphasis on improvisation. I also played guitar in a band called Rosewood in high school, which was kind of a neo-soul/pop type band. 

I think I became a much better guitar player during my time at Berklee. Most of the classes I took were jazz performance focused, so I learned a lot about jazz harmony and improvisation. The content of my classes were things like analyzing jazz harmony, learning about different improvisational techniques and guitar voicings / comping techniques, learning the repertoire, transcriptions, rhythmic exercises, etc.




Music Tribune: 

 

Your previous songs include lyrics in Japanese. Why did you decide to sing both in English and Japanese? 



Mei Semones:

 

I am half Japanese, and growing up in the US as a Japanese American person it has been a big part of my identity. Japanese was the first language I spoke, and it’s the only way I communicate with my mother. The first song that I ever released, Hfoas, is the first song I wrote that had Japanese lyrics. That song was a turning point for me — it was the first song that felt like it truly represented me as a person and as an artist. I hope that my music encourages people that listen to it to be proud of their own identities and cultural backgrounds.

 



Music Tribune:

 

We would like to ask you about your new EP "kabutomushi". Please tell us about the production process of this EP. What did you focus on in the recording process?

 

 

Mei Semones:


The songs on the Kabutomushi EP were mostly written in the fall/winter of 2022, and recorded in the spring of 2023. The process started with me writing the songs (chords, melody, lyrics) and then I brought them to my band: Noah Leong (viola), Claudius Agrippa (violin), Jaden Raso (bass), and Ransom McCafferty (drums). They are all such incredible musicians, and their playing and arranging makes the songs so special. In the recording process, we focused on getting a clean, tight sound, with a locked arrangement where all the parts are working together.



Music Tribune:

 
Can I ask you a few personal questions? On Instagram, you posted a photo of yourself wearing a kimono in Japan. It was very nice, but was that for sightseeing? Or were you visiting an acquaintance?

 

Mei Semones:


I think there’s a couple photos of me in a kimono on my instagram — one of them is from our 成人式(Seijin-shiki)’s photos, because my mom wanted to do that for me and my sister. The other one is from my most recent trip to Japan. It was my boyfriend’s first time in Japan, so I thought it would be fun to go on a date to Kamakura and wear kimonos, so that’s where that most recent photo is from.



Music Tribune:


Your music seems to contain influences of bossa nova, jazz, and post-rock. In particular, I have the impression that your guitar playing style is similar to that of Chicago's Jeff Parker. Are there any players in particular that have influenced you as a guitarist?



Mei Semones:

 

I think the guitarists that have influenced me the most are Grant Green, Wes Montgomery, and Jim Hall. I’ve transcribed/listened to them the most, and have also studied some Kurt Rosenwinkel, Barney Kessel, Kenny Burrell, and Joe Pass. I think I’ve also taken influence from some of my professors I studied with at Berklee, such as Larry Baione and Tim Miller.



Music Tribune:



The artwork of your past music works and artist's goods attract our attention with their cute illustrations. Do you have any concept behind your use of these designs?


Mei Semones:


All of the illustrations and design for the Kabutomushi EP are by my mom, Seiko Semones. She’s a really talented artist and graphic designer and it means a lot to me that she is willing to work with me on my artist project. She is one of the people in this world who knows me best, so I think that these illustrations reflect my personality and the intention behind the songs really well. Otherwise the artwork for my previous releases doesn’t have too much of a concept — it’s mostly just personal taste / art that I like the look of.




Music Tribune:

A new EP is coming out on Bayonet. If you had to name your favorite song on the EP, which would it be? Also, do you have any requests as to how you would like the music to be heard in this way?



Mei Semones:

 

I love all of the songs on the EP, so it’s hard for me to pick one, but if I had to I would say it’s the title track, Kabutomushi. It’s a special song to me because it is dedicated to my late grandmother. The lyrics are centered around memories of visiting her in Yokosuka when I was little. I was also able to make a really amazing music video for it during my last visit to Tokyo, with director Takuto Shimpo.

Regardless of where it’s being heard, I would like for my music to be a source of comfort for those who hear it. I would like for it to help people feel less alone, and feel like there is a place where they belong.



Music Tribune:



Do you currently live in Brooklyn? What do you find attractive about this city? Are there any spots you would recommend?


Mei Semones:


I live in an area of Brooklyn called Bushwick. I love the city and I love the neighborhood I live in. What I love about it is how alive it is — it’s a little chaotic, but I love the people, the buildings, the trains, even the rats, the trash, the smell, the noise. Some of my favorite spots in the city are the parks, like Maria Hernandez and Tompkins Square. I really like Greenpoint, Williamsburg, Chinatown, LES, Ktown, and St Marks Place. I also like going to the West Village whenever I’m over there.



Music Tribune:

 

Thank you for your answer. I look forward to your future career. Arigato!!

 

 

 

 

Mei Semones ©Sophie Minello

 

 

・Episode In Japanese

 

メイ・シモネスは、ブルックリンを拠点に活動するシンガーソングライター/ギタリスト。アーティストは、幼い頃に祖母から買ってもらったピアノの演奏を通じて音楽に親しむようになった。11歳の頃にギターの演奏を始め、やがて、高校生の頃にはジャズに目覚める。以後、シモネスはバークリー音楽院の在学中に、ジャズのハーモニーやインプロヴィゼーションを専門に学んだ。

 

本日、アーティストによる新作EP『Kabutomushi』がBayonet Recordsからリリースされた。今回のインタビューでは、音楽的なバックグラウンドから新作EP、バークリー音楽院でどのような学習を重ねたのか、さらに、日本語の歌詞についてや、ブルックリンの街の魅力について貴重なお話を伺うことが出来ました。以下にそのエピソードの全容をご紹介します。

 

 

Music Tribune :

 

まず始めに、音楽的なバックグラウンドについて質問させてください。レーベルによるバイオグラフィーを見ると、あなたは若い頃からピアノやギターを演奏しています。最初に楽器を演奏するようになった経緯について教えていただきたいと思います。

 

Mei Semones:

 

私と妹が4歳のとき、祖母が家族にピアノを買ってくれたんです。その頃からピアノを習い始めて、11歳頃にギターに転向しました。ロックから始めて、高校でジャズに出会い、バークリー音楽大学でジャズ・ギターを学びました。



Music Tribune:

 

メイさんはミシガン州の出身だということですが、どのような家庭で育ちましたか。また現在のメイさんから見て、子供の時のあなたの姿はどのような人物として映りますか?

 

Mei Semones:

 

私の両親は、私がやりたいことすべてにいつも協力的でした。私には、”サキ”という双子の妹(二卵性)がいるんです。母は日本の横須賀の出身で、父はオハイオ州出身です。私はミシガン州アナーバーの郊外で育ちましたが、とても平和なところでした。子供の頃は、内気でおとなしく、自意識過剰なところがあったと思いますが、大抵は幸せでした。



Music Tribune:

 

メイさんは高校の頃からジャズギターを始め、その後バークリー音楽院で音楽を勉強されたようですね。ハイスクールの時期にバンドで活動していたことはありますか? またバークレーはパット・メセニーが講師をしていたり、ジャズの教育に力を入れている印象があります。学校ではどのようなことを学びましたか?



Mei Semones:

 

高校のジャズ・コンボでは、主にカルテットやクインテットで、即興演奏に重点を置いて演奏していた。高校時代には、ローズウッドというネオ・ソウル/ポップ・タイプのバンドでもギターを弾いていました。

 

バークリー在学中に、私はより優れたギタリストになったと思う。ほとんどの授業がジャズ演奏中心だったので、ジャズのハーモニーやインプロヴィゼーションについてたくさん学びました。授業の内容は、ジャズ・ハーモニーの分析、様々な即興テクニック、ギター・ヴォイシング/コンピング・テクニックの学習、レパートリーの学習、トランスクリプション、リズム練習などでした。

 


Music Tribune:

 

これまでの曲には日本語の歌詞も含まれてますよね。英語と日本語の両方で歌おうと思ったのはなぜでしょうか? 

 

 

Mei Semones:

 

私は日本人のハーフなので、日系アメリカ人としてアメリカで育ったことは、私のアイデンティティの大きな部分を占めています。日本語は、私が最初に話した言語であり、母との唯一のコミュニケーション手段でもあるんです。初めてリリースした曲『Hfoas』は、私が初めて書いた日本語の歌詞の曲です。あの曲は私にとって転機となった曲で、人間として、そしてアーティストとして、私を本当に表していると感じた最初の曲でした。私の音楽を聴いてくれた人たちが、自分自身のアイデンティティや文化的背景に誇りを持てるようになればいいなと思ってます。


Music Tribune:

 

新作EP「kabutomushi」に関してご質問します。このEPの制作過程について教えていただけますか? レコーディングではどんなことに重点を置きましたか?



Mei Semones:


Kabutomushi EPの収録曲のほとんどは、2022年の秋から冬にかけて書かれ、2023年の春にレコーディングされたものです。そのプロセスは、まず私が曲(コード、メロディ、歌詞)を書き、それを私のバンドに持ち込むことから始まりました。

 

ノア・レオン(ヴィオラ)、クラウディウス・アグリッパ(ヴァイオリン)、ジェイデン・ラソ(ベース)、ランサム・マカファティ(ドラムス)。彼らはみんな素晴らしいミュージシャンで、彼らの演奏とアレンジが曲を特別なものにしています。レコーディングの過程では、クリーンでタイトなサウンドを得ることに集中し、すべてのパートが一体となったロックなアレンジに仕上げました。




Music Tribune;

少しプライベートな質問をしてもいいですか? Instagramでは日本で着物を着た写真を投稿されていましたね? とても素敵だったのですが、あれは観光だったのでしょうか? それとも知人のところに遊びにいらしたのですか?



Mei Semones:

 

私のインスタグラムには、着物姿の写真が何枚かアップされていると思うんだけど、そのうちの1枚は成人式の写真で、母が私と妹のためにそうしたかったからなの。もう一枚は、最近日本に行ったときのものです。ボーイフレンドが初めての日本だったので、鎌倉にデートに行って、着物を着たら、楽しいだろうなと思って、それが一番最近の写真ですね。

 

Music Tribune:

 

メイさんの音楽には、ボサノヴァ、ジャズ、ポストロックの影響が含まれているように感じられます。特にシカゴのジェフ・パーカーのギターの演奏スタイルに近いという印象を受けました。(例えが下手で申し訳ありません)特にギタリストとして影響を受けたプレイヤーはいますか??




Mei Semones:

 

最も影響を受けたギタリストは、グラント・グリーン、ウェス・モンゴメリー、ジム・ホールだと思う。

 

彼らを一番よく聴いたし、カート・ローゼンウィンケル、バーニー・ケッセル、ケニー・バレル、ジョー・パスも勉強しました。バークリーで一緒に学んだラリー・バイオーンやティム・ミラーといった教授たちからも影響を受けていると思います。

 


Music Tribune:


これまでの音楽作品のアートワークやアーティストのグッズには、可愛らしいイラストが目を惹きます。こういったデザインを使用することについて、何かコンセプトをお持ちですか??



Mei Semones:

 

『Kabutomushi(カブトムシ)』のEPのイラストとデザインはすべて、私の母、世以子・シモネスによるものです。

 

彼女は本当に才能のあるアーティストであり、グラフィックデザイナーでもあるんです。彼女が私のアーティスト・プロジェクトに協力してくれることは、私にとって大きな意味があります。

 

彼女は、この世界で私のことを一番よく知っている人のひとりなので、このイラストは私の個性と曲に込められた意図を上手く反映していると思う。それ以外の過去のリリースのアートワークにはあまりコンセプトがなくて、ほとんどが個人的な好み/見た目が好きなアートなんです。



Music Tribune:

 

新作EPが4月にBayonet Recordsから発売されます。このEPのお気に入りの曲を挙げるとしたら、どれでしょうか? また、音楽をこういうふうに聴いてもらいたいというような要望はありますか?

 


Mei Semones:


EPに収録されている曲はどれも大好きなので、1曲を選ぶのは難しいですね。強いて言うならタイトル曲の「カブトムシ」かな。

 

亡き祖母に捧げた曲なので、私にとって特別な意味が込められています。歌詞は、小さい頃に横須賀にいた祖母を訪ねた思い出が中心になっています。この曲のミュージック・ビデオも、最後に東京を訪れたときに、新保拓人監督と一緒にとても素晴らしいものを作ることができた。


また、どんな場所で聴かれるかに関係なく、私の音楽が聴く人の心を癒すものになってほしいと思ってます。人々が孤独を感じなくなり、自分の居場所があるように感じられるようになれば。



Music Tribune:

 

現在はブルックリンにお住まいですか? この街の魅力的なところを教えてください。またおすすめのスポットはありますか??

 

Mei Semones:

 

今、ブルックリンのブッシュウィックという地域に住んでいます。私は、この街が大好きだし、住んでいる地域も大好き。少し混沌としているけれど、人、建物、電車、ネズミ、ゴミ、匂い、騒音までもが好きなんです。街で好きなスポットは、マリア・ヘルナンデスやトンプキンス・スクエアのような公園。グリーンポイント、ウィリアムズバーグ、チャイナタウン、LES、Kタウン、セント・マークス・プレイスも好き。ウェスト・ビレッジに行くのも好きだよ!! 



Mei Semones ©Sophie Minello


 

Music Tribune:
 

お忙しい中、お答えいただき、本当に感謝いたします。今後のご活躍を期待しています。ありがとう!!