Pixies 8枚目のスタジオアルバム「Doggerel」を9月30日にリリース予定

Pixies
 


おそらくインディーロックファンにとって、常に最も刺激的な存在であり続けるのがオルタナティヴの帝王、ブラック・フランシスであり、ピクシーズであると思われる。今年の11月にピクシーズは来日公演を控えている。前年の冬、バンドの四人のメンバーは、3年ぶりのニューアルバム『Doggerel』のレコーディングを行うため、バーモント州ギルフォードに活動拠点を移した。新作アルバム「Doggerel」の発売は現時点で9月30日に予定されており、5月31日に公開されたトレーラー映像の短編ドキュメンタリーで、彼らのアルバム制作の舞台裏を見ることが出来る。

 

この映像は、ボーカリスト、フロントマンのBlack Francisが、「Doggerel」のセッションがどのように行われたかを語るところから始まる。「幸いなことに、俺の子供たちはもう十分大きくなったから、家を燃やしたりすることはない。だから俺はただ、みんな、2週間ほど俺を一人にしておいてくれと言ったところ、「ああ、わかった。とにかく迷惑をかけたくないんだってね」と微笑ましく振り返る。


ピクシーズは、8枚目のスタジオアルバム「Doggerel」を、バーモント州ギルフォードにある環境に優しいスタジオ、ギルフォード・サウンドでレコーディングしました。マネージャーのリチャード・ジョーンズは、ピクシーズが一緒にライブ録音できる大きな部屋と、プロデューサーのトム・ダルゲティのための一流のミキシングボードが完備された理想的なスペースであったと説明する。

 

ピクシーズにとってスペースが適していただけでなく、バンドのマインドセットも適していた。セッションに臨むにあたり、ベーシストのパズ・レンチャンティンは、フランシスがピクシーズの最後のLPである2019年の『Beneath the Eyrie』から数年の間に、通常よりもはるかに大量のデモを蓄積していたことを指摘している。そして、ギタリストのジョーイ・サンティアゴが言うように、「今作では、常に音楽モード全開だったんだ。ヘッドスペースがずっと良かったんだ "と。

 

その他にも、このドキュメントには、舞台裏の瞬間や逸話が盛り込まれている。例えば、ダルゲティは、セッション開始時に異常な吹雪に見舞われたことで、初期の重要なリハーサル時間を確保できたことを回想し、ドラマーのデヴィッド・ロヴァリングは、タンバリンが実は最も難しい楽器である理由を説明している。また、今週末6月10日には、ピクシーズが『Beneath the Eyrie』のリリースと同時に立ち上げた「It's a Pixies Podcast」の「ボーナス・エピソード」を公開する予定である。彼らは新曲について話すだけでなく、2020年のCovid-19パンデミックの開始によって、オーストラリアでのツアーが中断された悲惨なエピソードも語るつもりだという。

 

ニューアルバム『Doggerel』のアルバムトレーラー映像が既に公開されている。以下で御覧下さい。

 


0 comments:

コメントを投稿