Rival Schools 2001年のデビュー作『United By Fate』の20周年記念リイシューを10月28日にリリース

 


Walter Schreifels(ウォルター・シュライフェルス)はRival Schoolsを始めた時、東海岸のハードコアシーンの伝説的な人物となっていた。シュライフェルスはYouth Of Today、Gorilla Biscuits、Quicksandなど、ニューヨークの重要なバンドの中心的存在として知られています。

 

1999年、Quicksandが解散した直後、Schriefelsは、Youth Of Today、Judge、Iceburn、Burnといったバンドの過去のメンバーである他のハードコア経験者とチームを組み、Quicksandのポスト。ハードコアの作曲技法をアルトロックの領域に持ち込んだグループ、Rival Schoolsを結成しました。近年、断続的に活動を続けているRival Schoolsが、2001年のデビュー作『United By Fate』の20周年記念リイシューをリリースする準備を進めているようです。


Rival Schoolsは、Island RecordsからUnited By Fateをリリースし、このアルバムは商業的にはあまりヒットしなかったが、ハードコアやポストハードコアの愛好家には今でも人気がある。『United By Fate』は、それ以降登場したパートハードコア・オルトロックの多くの波に影響を与えたと言えるでしょう。今回のリイシューには、アルバムのB面曲と、OnelinedrawingとのスプリットからのRival Schoolsの楽曲が全て収録される予定です。

 

本日、Rival Schoolsは『United By Fate』のハイライトである "Holding Sand "のアコースティックバージョンを公開しました。アルバム・バージョンの "Holding Sand "は、大きなチャンレンジとなっている。シュライフェルスはこの未発表のアコースティックバージョンを自分で録音しており、彼が書いていたメロディーの種類を全く違った角度から見ることができる。以下、アコースティックバージョンの「Holding Sand」、エレクトリックバージョンのアルバム、『United By Fate』のアートワーク、新リイシューのトラックリストをご覧ください。 

 

 

 



Rival School 『United By Fate』



Tracklisting:

 

01. ‘Travel By Telephone’
02. ‘Everything Has Its Point’
03. ‘High Acetate’
04. ‘Undercovers On’
05. ‘Good Things’
06. ‘Used For Glue’
07. ‘World Invitational’
08. ‘The Switch’
09. ‘Holding Sand’
10. ‘My Echo’
11. ‘Favourite Star’
12. ‘So Down On’
13. ‘Hooligans For Life’
14. ‘The Sweet’
15. ‘Get Centered’
16. ‘Grunge Model’
17. ‘Accept The Compliment’
18. ‘On Vacations’
19. ‘Green Is Good’
20. ‘Take One For The Team’
21. ‘Where I’m From’
22. ‘Contraire’
23. ‘Holding Sand (Acoustic)’



PRE-ORDER  RUN FOR COVER: 

 

https://www.runforcoverrecords.com/artists/rival-schools/products



0 comments:

コメントを投稿