Cyndi Lauper、中絶問題を財政支援するためのオンライン基金、Girls Just Want to Have Fundamental Rightsを設立

 



米国の歌手、Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)は本日、女性における中絶問題を財政的に支援するためのオンライン基金、Girls Just Want to Have Fundamental Rightsの設立を発表しました。



今年、6月にRoe v. Wade(ロー対ウェイド裁判:1973年 注:_妊娠を継続するか否かに関する女性の決定は、プライバシー権に含まれるというアメリカ合衆国最高裁判所の決定)の判例が覆されたことを受け、Tides Foundationに設置されたGirls Just Want to Have Fundamental Rightsは、初年度の助成金のほとんどを、中絶やリプロダクティブヘルスサービスへの支援団体に寄付される予定です。

 

Cyndi Lauper 基金を通じて販売されているTシャツ
 

シンディ・ローパーはプレスリリースで、「人口の半分が持っている基本的な市民権が、この国で奪われる日が来るとは思ってもみませんでした」と述べている。

 

「女性の権利を推進する団体や、安全で合法的な中絶、リプロダクティブヘルス、出生前ケアへのアクセスを保証する支援プログラムが、命を救う仕事をするために必要な財源を持つことがこれまで以上に重要です。"私は米国を信じ、選ぶ権利を取り戻すだけでなく、いつか実際に完全に平等を確保すると信じています」



これを記念して、ローパーは本日、「Girls Just Want to Have Fundamental Rights」Tシャツを発表し、その収益も基金に寄付される。このTシャツは現在予約受付中です。

 

この夏、最高裁が「ロー対ウェイド」判決を覆したことを受けて、シンディー・ローパーは1993年に発表された中絶権に関する歌「サリーズ・ピジョンズ」の再録版をリリースしています。この曲「Sally's Pigeons」は、シンディ・ローバーの友人の身に置きた実際の出来事が歌われています。

0 comments:

コメントを投稿