Gladie ニューアルバム『Don't Know What You're In Until You're Out』を発表 11月18日に発売

 

©︎J Leiby

 フィラデルフィアのバンド、Gladieは、ニューアルバム『Don't Know What You're In Until You're Out』のリリースを発表しました。この新作は、11月18日にPlum Recordsから発売されます。

 

この発表と同時に、リード・シングル「Nothing」がリリースされています。下記よりチェックしてみて下さい。


バンドのフロントパーソン、元CayetanaのヴォーカリストAugusta Koch(オーガスタ・コッチ)は声明を通じて、ニューアルバムについて次のように語っている。


「この最初の曲を共有し、新譜『Don't Know What You're In Until You're Out』を発表することにとても興奮しています。私たちはこのレコードにしばらく取り組んできましたが、ついにその中から1曲を共有することができ、爽快な気分です。


 この最初の曲「nothing」は、曲のサビの部分である "What would it feel like to want Nothing? "に基づいた思考実験から生まれたものです。

 

 基本的に、人生のあらゆる側面において、人間関係であれ、消費主義であれ、その他の恒常的な欲求であれ、常に外部と内部の力から「もっと、もっと、もっと」と押し付けられるが、それは本当に健全な生き方なのだろうか? 

 

 しかし、それは本当に健康的な生き方なのでしょうか? もしかしたら、より少ない欲望で、今持っているものが見かけより大きいことに感謝する方が実りあることなのかもしれません」


 次作アルバムは、11月18日にPlum Recordsからリリースされる。(レコードは、サプライチェーンの問題で春先に発送される予定ですが、アルバムが発売と同時にデジタルリリースを入手することが可能です。

 


 

 

 『Don't Know What You're In Until You're Out』は、2022年の初めにThe Bunkでマット・シメルフェニグ(ギター、キーボード、ボーカル)、パット・コナボイ(ギター)、デニス・ミシュコ(ベース)、マイルス・ジスカインド(ドラム)とミー・ガス(ボーカル、ギター)で録音されました。

 

マット・シメルフェニグはレコーディングとミキシングも担当し、ライアン・シュワーベがマスタリングを担当しました。マーク・グリック(チェロ)、マイク・パーク(サックス)、ブライアン・ロッカーム(トランペット)がアルバムの4曲でゲスト参加しています。



このアルバムを親友に送ったところ、「あなたのルーツと枝葉の音が聞こえる」と言われました。音楽を共有する限り、私は新しい枝を伸ばすことができると願っています。私たちは、皆、成長する価値がある。そして私たちの音楽を聴いてくれて心から感謝しています。

 

Augusta




Gladie 『Don’t Know What You’re In Until You’re Out』

 

 



Tracklist:

1. Purple Year
2. Born Yesterday
3. Mud
4. Hit the Ground Running
5. Nothing
6. Soda
7. Heaven, Someday
8. Fixer
9. Smoking
10. For a Friend
11. Something Fragile
 
 
Pre-order:
 

0 comments:

コメントを投稿