Sharon Van Etten、最新アルバムのデラックス・エディションを発表  新曲 「Never Gonna Change」を公開

 

©︎Michael Schmelling

 
 米国のシンガーソングライター、Sharon Van Etten(シャロン・ヴァン・エッテン)は、5月にJagjaguwarからニュー・アルバム『We've Been Going About This All Wrong』をリリースしました。


今回、シャロン・ヴァン・エッテンは、このアルバムのデラックス・エディションのリリースを発表した。(オフィシャル先行予約はこちらから)そして、このデラックスバージョンの発売の告知に合わせて、この新作に収録されるニューシングル 「Never Gonna Change」が公開されている。
 
 
このデラックス・エディションには、その他にも未発表曲1曲 「When I Die 」と、最新アルバムには収録されなかった2曲の素晴らしい既発シングルが収録される。幻のシングル「Porta」と、彼女の盟友でもあるエンジェル・オルセンとの2021年のデュエット曲、「Like I Used To 」である。


『We've Been Going About This All Wrong (Deluxe Edition)』は、11月11日にJagjaguwarからリリースされる予定です。「Never Gonna Change」は下記からチェック出来る。


 シャロン・ヴァン・エッテンは、Daniel Knowlesと 「Never Gonna Change」を共同プロデュースを行っています。プレスリリースで彼女はこの曲について、「孤独の中で鬱や不安を管理することについて歌っています」と述べている。
 
「大人になってからも繰り返される恐怖に対処し、欠点や恐怖、引き金は克服できないこと、それらは平穏に過ごすために学ぶべき自分のアイデンティティの不変の部分であることを認めている」


シャロン・ヴァン・エッテンは、このアルバムから先行シングルをリリースせず、ファンが一気呵成に全編を聴くことを望んだ。ヴァン・エッテンは、以前のプレスリリースで、リスナーがアルバム全体を一度に聴くことを望むことについて、次のように語っている。

「徹頭徹尾、このアルバムは、私たちがそれぞれの方法で経験したこの2年間のジェットコースターを記録した感情の旅です。その旅に皆さんに一緒に参加していただければと思います。私の側にいてくれて本当にありがとう!!」


以前、ヴァン・エッテンはアルバムの予告編を公開している。このアルバムには彼女の2022年のシングル「Used to It」は収録されておらず、またデラックス・エディションにも収録されていない。
 

『We've Been Going About This All Wrong』は、Jagjaguwarから2019年にリリースされた『Remind Me Tomorrow』に続く作品である。


以前のプレス・リリースでは、ドラマチックなフレーズで新作の予告を打ち出していた。シャロン・ヴァン・エッテンは常に、人々が自分の周りの世界を理解するのを助けるようなアーティストであり、『We've Been Going About This All Wrong』は、世界が、少なくとも私たちの世界が終わるかもしれないと思うときに自分自身への切実な問いに関連している。それは以下のような考えに基いている。


私たちは、できる限り自分自身を愛しただろうか? 努力は十分だったか? そしてどうすれば、自分にとって最も大切なものを、自分ではコントロールできない破壊的な力から守ることができるのか? そして、すべてが失われたように見えるとき、どのようにして価値あるものを救い出すのだろうか?

 


これらの問いと、それに直面した彼女自身の弱さを考察することで、ヴァン・エッテンは、人生の変化がいかに恐ろしいものであり、また、変化をもたらすものであるかを見事に表現しているのです。つまり、『We've Been Going About This All Wrong』は、私たちの惨状から救い出すことのできる美と力を明確に表現しているのである。


ヴァン・エッテンがダニエル・ノウルズと共同でプロデュースしたこのアルバムは、ロサンゼルスの実家に新たに建設した特注スタジオで、ほとんどのレコーディングとエンジニアリングを自身で行っている。シャロン・ヴァン・エッテンは、ギター、シンセサイザー、ピアノ、ドラムマシン、ウーリッツァー(エレクトリック・ピアノ)などを演奏していますが、ドラムにJorge Balbi、ベースにDevon Hoff、シンセサイザーとギターにライブ音楽監督のCharley Damskiというレギュラーツアー・バンドが参加しており、まさに関係するミュージシャンや製作者が勢揃いした作品となっている。


さらに、シャロン・ヴァン・エッテンは、前回のプレスリリースで、「今回のリリースでは、アルバム全体をひとつの作品として提示するために、これまでとは異なるアプローチで、意図的にファンを巻き込みたいと思ったんだ」とも述べている。「この10曲は、希望、喪失、憧れ、回復力といったより大きな物語が語られるように、順番に、一度に聴くことができるように設計されている」


アルバムのジャケットについて、ヴァン・エッテンは、「必ずしも勇敢ではなく、必ずしも悲しくもなく、必ずしも幸せでもない、私が全てから立ち去ろうとするイメージを通じて、ニュアンスを伝えたかった」と語っている。

 
2021年4月、ヴァン・エッテンは2010年のアルバム『エピック』の記念すべきリイシュー『エピック・テン』をバ・ダ・ビングからリリースした。フィオナ・アップル、コートニー・バーネットとヴァガボン、IDLESなど、著名なアーティストによるアルバム収録曲の一部のカヴァーが収録されている。

0 comments:

コメントを投稿