Adrian Lenker(エイドリアン・レンカー)がソロキャリアを本格的にスタート  ニューシングル「Ruined」をリリース  ソロアルバムの制作発表が間近??

 

Adrian Lenker(エイドリアン・レンカー)がソロ新時代をスタートさせる。以前から良質なインディーフォークのソロ作品をリリースしていたレンカーが、いよいよ本格的なソロキャリアへの移行を視野に入れ始めている。しかし、これは必ずしもBIg Thiefとしての活動が間髪的になるとも限らない。おそらく、今回の動向はバンドのギタリスト、Buck Meek(バック・ミーク)の最近の活躍に触発されたものと推測出来る。今日、彼女は「Ruined」という新曲を発表し、フル・ソロ・アルバムがリリースされることを確認、ヨーロッパでの公演を発表した。


「Ruined "では、エイドリアン・レンカーがピアノを弾き、感情的なヴォーカル・メロディーの下で、内省的なコードの安定したマーチを奏でている。ダイナミクスが高まるにつれて、彼女はコーラスで感情をむき出しにする。モダンなインディーフォークを得意とするレンカーではあるが、歌詞はビッグ・シーフと同様に、かなり冒険心がある。「1時間か2時間おきにたくさんのことがやってくる/あなただけでは満足できない/あなたがやってくると私は破滅する」


このシングルについて、レンカーは次のように語っている。「この曲は私にとって静かな道標だった。この曲にはロマンチックな愛という贈り物のエッセンスが含まれているかもしれないが、そのほとんどはもっと大きなものについてのものです」と語っている。この曲は、レンカーが秋の紅葉の中で戯れるショットを使用したミュージック・ビデオと共に発表され、彼女の兄であるノア・レンカーが監督を務めた。以下よりご覧ください。


エイドリアン・レンカーはまた、ソロアルバムを「2024年にリリース予定」と発表しているが、現時点ではそれ以上の詳細は不明。彼女のファースト・ソロ・アルバム『ステージズ・オブ・ザ・サン』は、ビッグ・シーフの10年前の2006年にリリースされた。彼女の最新のソロ・プロジェクトである共同リリース『Songs and Instrumentals』は2020年10月にドロップされた。ここだけの話、エイドリアン・レンカーはソロアーティストとしても活躍が期待出来る。

 

 

 「Ruined」

0 comments:

コメントを投稿