カナダのロックバンド、Alvvaysがタイニー・デスク・コンサートに出演


カナダのロックバンド、Alvvaysがタイニー・デスク・コンサートのためにNPRオフィスに立ち寄った。


アルヴェイズの曲を1曲だけ聴いたことがある人でも、このバンドのスタジオ・レコーディングとライヴ・パフォーマンスの両方が、通常、非常に重いリバーブやその他のヴォーカル・エフェクトを使用していることは簡単に理解できる。しかし、タイニーデスクでのコンサートは、通常そのような装飾は嫌われるものだが、そのようなスタイル的な選択は素敵に聞こえるものの、ヴォーカリストのモリー・ランキンは欠点を隠す必要がないことを証明している。


最近初めてグラミー賞にノミネートされた彼らは、4曲のセットの冒頭で「Belinda Says」をあり得ないほど大々的に演奏し、ランキンは感謝の言葉(とさりげない謝罪)を述べた:「私たち、今日まで勇気が出なくて......」と彼女は緊張した面持ちで笑った。


その勇気のなさは、アルヴェイズが "Pressed"、"Very Online Guy"、そして最後に "Tile by Tile "を駆け抜けた時には見破れなかった。ランキンは曲の合間に、引退したばかりのタイニーデスク創設者ボブ・ボイレンの後任になることをジョーク交じりに話した。

 

0 comments:

コメントを投稿