ペンシルバニア発のハードコアバンド、Pissed Jeans  新作アルバム『Half Divorced』を3月1日にSub Popからリリース

 


ペンシルバニア発のハードコアバンド、Pissed Jeansは、2017年の『Why Love Now』以来となる新作アルバムの制作を発表した。『Half Divorced』は3月1日にSub Popからリリースされ、本日、フィラデルフィアのバンドはニューシングル「Moving On」がリードシングルとして公開された。

 

『Half Divorced』は、バンドとドン・ゴドウィンがプロデュース/ミックス、メリーランド州タコマ・パークのTonal Parkでマイク・ペティロがエンジニアを務めた。マスタリングは共同プロデューサーのArthur Rizkが担当した。


「『ハーフ・ディヴォースド』には、こんな現実は嫌という攻撃性がある」とフロントマンのマット・コルヴェットは声明で説明している。

 

「あなたがたは私にこれらのことに注意を払うことを望んでいるようだが、私はそんなことはどうでもいいと言いたい。僕はもう別のところに目を向けている」

 

「私たちは2年ごとに新譜を出すようなバンドではない」とコルヴェットは言った。「Pissed Jeansは、僕らにとって本当にアート・プロジェクトのようなもので、それがとても楽しいんだ」



「Moving On」





 Pissed Jeans 『Half Divorced』


Label: SUB POP
Release: 2024/03/01


Tracklist:
 

1. Killing All the Wrong People
2. Anti-Sapio
3. Helicopter Parent
4. Cling to a Poisoned Dream
5. Sixty-Two Thousand Dollars in Debt
6. Everywhere Is Bad
7. Junktime
8. Alive With Hate
9. Seatbelt Alarm Silencer
10. (Stolen) Catalytic Converter
11. Monsters
12. Moving On


Pre-order:


0 comments:

コメントを投稿