THUS LOVE 10月7日にCaptured Tracksからデビュー・アルバム「Memorial」をリリース

 



THUS LOVEが、10月7日に、Captured Tracksよりデビュー・アルバム「Memorial」をリリースすることを発表しました。バンドのニュー・シングル「In Tandem」が最初に公開されている。


このシングルについてTHUS LOVEはこう語っている「感情の混乱を消化するために12時間かけて書いた "In Tandem "は、根本的な真実である "我々は星屑に過ぎない "という認識を持つための音の約束だ」


THUS LOVEは、バンドであると同時に、それ以上の存在である。バーモント州ブラトルボロの3人組は、アウトサイダーとしての経験によって固められた絆で結ばれている。THUS LOVEにとってDIYは、彼らの音楽的ビジョンだけでなく、トランスアーティストとして自認する3人の存在そのものを反映する。

 

バンド結成当初から、Echo Mars(彼女/彼)、Lu Racine(彼/彼女)、Nathaniel van Osdol(彼ら/彼女)は同じ屋根の下で暮らし、自分たちの商品をデザイン・制作し、さらには自分たちのレコーディングスタジオをゼロから作り上げました。


「ほとんどのアーティストがこのような生活をしていないことは分かっています」とマーズは言います。


「でも、僕らにとっては、決して選択の余地はなかったんだ。僕らが作るアートは、僕ら自身や僕らが所属するコミュニティと密接に結びついているから、これが僕らにできる唯一の方法なんだ" とマーズは言う。

 

THUS LOVEは、2018年に地元のプリントショップでマーズとラシーンが偶然出会い、マルチ・インストゥルメンタリストが新しい音楽プロジェクトでコラボレーションすることに同意したことが始まりとなる。

 

THUS LOVEのラインナップが決まったのは、2019年にMarsとRacineがルームメイトのvan Osdolにベースで参加するようようやく説得できたときだ。バンドは地元の有名な会場The Stone Churchで定期的にヘッドライナーを務めるようになったところで、すべてが突然、急停止した。


"パンデミックは誰にでも大きな打撃を与えたが、特に我々のようなライブに頼って情報を発信している新人アーティストにとっては大変だったと思う "とラシーンは言う。


「その時点では、デモが数曲あっただけで、先が見えなかったんだ」。


漫然と待つのではなく、バンドは自分たちの手で未来を切り開くことを決意した。YouTubeのビデオと持ち前の好奇心だけで、ブラトルボロのダウンタウンに借りたアパートの一室に即席のスタジオを作り、隣人が出かけている隙を狙ってレコーディングを行った。


今振り返ってみると、マースはバンドが前進することに決めたことを嬉しく思っている。


「パンデミックは二度と経験したくないが、このアルバムは、もし強制的なダウンタイムがなければ、2022年にリリースされることはなかったと確信している」。


その結果、彼らのデビュー作『Memorial』は、特にその制作を取り巻く状況を考慮すると、驚くほど完成度の高いアルバムに仕上がっている。その特徴は、インディーやポストパンクの始祖たちの名作LPに夢中になったことがある人なら、間違いなく理解できるはずだ。しかし、それ以上に印象的でエキサイティングなのは、THUS LOVEがこの名高い系譜を利用して、彼ら独自の声を見つけ、彼ら自身の物語を語ることに成功していることだ。


THUS LOVEのデビューアルバムMemorialは10月7日にリリースされ、現在ニューシングルIn Tandemがリリースされている。



PRE-ORDER official:


https://thuslove.ffm.to/intandem.otw

0 comments:

コメントを投稿