Joji ニューアルバム『Smithereens』を11月4日にリリース

 





大阪出身のソングライター、Joji(ジョージ・ミラー)がニューアルバム「SMITHEREENS」の発売日を明らかにしました。

 

11月4日に88risingからリリース予定のこのアルバムには、以前リリースされたシングル「Glimpse Of Us」が収録される。この発表と同時に、アーティストは「YUKON (INTERLUDE)」と題した、近日発売のアルバムからの別のフィーチャードトラックも公開しました。

 

この曲は、Isaac Sleatorと共に作曲、プロデュースを手掛けたもので、人生の軌道に乗ることをテーマにしています。Jojiはこう歌っている。「そして真っ白なトラックの中で目を伏せると、ほとんど何も見えなくなる/信じられないようなアクセルを踏む/いつも癒されていたことに感謝する/とても遅い時間の中で、私たちはバラバラになったものを再配置しようと考えていた」と。

 

また、この曲のミュージックビデオも公開され、コラボレーター、BRTHRが監督したサイケデリックなテーマの映像が披露されています。夕暮れの海辺で一人、白い車のトランクに座り、カセットテープを聴いているソロアーティスト(JOJI)が映し出されています。その後、空にはディスコボールが現れ、彼に触れると溶けてしまうという、なかなかシュールな内容となっている。


 


「SMITHEREENS」は、2020年にリリースされた前作「Nectar」に続くアルバム。このレコードは現在予約受付中となっています。


レコードの発売に先立ち、アーティストは9月から10月にかけて北米ツアーを行う予定です。カリフォルニア州、ワシントン州、カナダ、ユタ州、コロラド州、テキサス州の各都市で公演を行う予定です。ツアー後半は、ミネソタ、イリノイ、オンタリオ、ケベック、マサチューセッツで公演を行い、ワシントンに戻る。公演のクライマックスは、ノースカロライナ、ジョージア、フロリダで行われる予定です。

0 comments:

コメントを投稿