2nd Grave 『Easy Listening』の2ndシングル「Me & My Blue Angels」を公開

©︎Francis  Lyons

 

フィラデルフィアのロックバンド、2nd Graveは、8月上旬にセカンドアルバム『Easy Listening』をリリースを発表しています。この新作アルバムは9月下旬に発売が予定されています。

 

この告知に合わせて1stシングル「Strung Out on You」を公開し、バンドのピーターギルは、アレックス・チルトン率いるBig Starの音楽性を引き合いに出し、次のようなメッセージを添えていました。

 

「"Strung Out On You "は、自分にとって悪いことだと承知していながら、とにかくそれをやってしまうという古典的な意味の込められたロックソングなんだ」

 

「例えば、もし、Big Starが(2ndアルバムの『Radio City』で商業的にブレイクを果たし、親しみやすいパワーポップの系統を追求し続けていたら、最終的に『Strung Out On You』を書き、1979年くらいにマイナーな全米ヒットを記録していたかも、と想像したい。ラジオDJはきっと、”Caught Up In You'と'Hurts So Good'の間で、この曲をスピンしまくり、80年代中西部の不良ティーンが経験した数え切れない青春の瞬間のサウンドトラックになっただろうとね」 

 



今回、2nd Graveはこの9月30日に発売されるアルバムの二作目のシングル「Me & My Blue Angels」を公開しました。この曲もまたパワー・ポップ調のセンチメンタルな雰囲気を持つロックソングで、幼い頃の時代の記憶を元に書かれたものなんだそうです。以下よりビデオをご覧ください。


ピーター・ギルは声明の中で、新曲について次のように説明しています。「"Me & My Blue Angels "は自分のバンドについて書いたんだけど、この曲はあなたが100%信頼している人なら誰でも、いざという時にあなたの背中を押してくれるはずという内容なんだ」

 

「僕は、子供の頃、メイン州ブランズウィックの航空ショーに行き、頭上でスタント機が密集した編隊を組んで、危険な空中フーガを行う光景と轟音に畏怖させられたものだった。この曲でのメロディーと全体の構成は、ブルーエンジェルの飛行経路の力強さ、他にも、優雅さ、壮大さ、技術的な正確さを模倣することを意図しているんだ」

 

 


2nd Graveのニューアルバム『Easy Listening』は、Double Double Whammyから9月30日にリリースされる予定となっている。以前シェアされたトラック「Strung Out on You」が収録されています。

 

 

2nd Grave 『Easy Listening』 

 



 

 Tracklist:

 

1. Cover of Rolling Stone
2. Strung Out on You
3. Hung Up
4. Me And My Blue Angels
5. Wouldn’t It Be Nice To Let It Be
6. Beat Of The Drum
7. Poet In Residence
8. Kramer In LA
9. Teenage Overpopulation
10. Hand Of The Brand
11. Which Itch Are You Scratching Today
12. Keith And Telecaster
13. Planetarium
14. Controlled Burn
15. Hands Down
16. Easy Listening



 Pre-order:

 

https://lnk.to/easylistening 


0 comments:

コメントを投稿