Enumclaw 『There Are Some B-Sides』でデビューアルバムの一周年を祝う

 


ワシントン州タコマの多国籍オルト・ロックバンド、Enumclawはデビューアルバム『Save The Baby』(レビュー発表から1周年を迎え、B面曲を収録した3曲入りのEPをドロップしました。また、デビュー・アルバム発表時、バンドはNMEの表紙を飾り、イギリスにもその名を轟かせた。


3曲のレコーディングは、チャズ・ベア(Toro y Moi)がプロデュースとエンジニアリングを担当した。EP全体は、イーナムクローが霞んだインディー・ロックに先進的なスピンを加え、地元のルーツに敬意を払い、同時に新たな境地へと突き進むバンドのサウンドを提示している。


リード・シングル「Fuck Love, I Just Bought a New Truck」について、アラミス・ジョンソンはこう語っている。「失恋したから、店に行って氷のように冷えたシクサーを買って、新品のトラックに乗って、そのことを歌にしたのさ」


EPのリリースに併せて、Enumclawは、イアン・オストロウスキー監督によるSave The Babyの1周年を祝う、騒々しく親密なツアー・ドキュメンタリーを公開しています。

 

 

「Save The Baby Tour Documentary」

 

 

 

0 comments:

コメントを投稿