Pile、新作アルバムの最新シングル「Poisons」を公開 音楽が環境に与える影響について

 


ボストン/マサチューセッツのインディーロックバンド、Pileが、Exploding In Soundから2月17日に発売されるアルバム『All Fiction』からのニューシングル「Poisons」のPVを公開しました。


PJ Harveyのラウドでクワイエットなサウンドからヒントを得た「Poisons」は、自己認識、物質使用、音楽が環境に与える影響についての懸念に取り組んでいます。リック・マグワイアは、「誰にとっても良くないことに参加するのを控えようとする一方で、一般的にとても無自覚だと感じていて、その両方の気持ちを保持しようとするフラストレーションについてです」と説明しています。


Pileの8枚目のアルバムでは、この野心的なグループがこれまでで最も複雑なテクスチャーの作品を作り上げています。Pileの熱狂的なファンを魅了したブリスター・ドラムとスコーチド・アース・リフに加え、バンドはエレガントなストリングス、神秘的なボーカル・コロージョン、そして心に残るシンセサイザーを取り入れている。


『All Fiction』は、知覚の主観性、データを形成するビッグテックの専制主義、不安と死のつながりに関する、装飾的で注意深いペースの研究である。また、最も重要な瞬間には、アートとイマジネーションの回復的意義への断固とした再認識がある。

 

0 comments:

コメントを投稿