©︎Jacob Ball

米ウィスコンシン州マディソン出身の5人組ロックバンドDisqが、次作アルバム『Desparately Imagining Someplace Quiet』収録の先行シングル「The Hardest Part」を公開しました。

 

「The Hardest Part」は、前作「Cujo Kiddies」、「If Only」、「(With Respect To) Loyal Serfs」に続くシングルとなります。


"「The Hardest Part」は、ある深夜に歌詞とメロディが意識の流れで一度に浮かんでくるまで、数年間眠っていたリフとインストから始まった "とギタリストのLogan Seversonは声明で述べている。

 

「ただ言葉が浮かんできただけだから、この曲が何について歌っているのか正確にはわからないけど、この曲が何について歌っているのかは感じられるし、僕にとって深い意味を持つものなんだ。この曲を書いたときに自分に何を伝えようとしたのか、まだ理解している途中なんだ」

 


 

Disqのニューアルバム『Desparately Imagining Someplace Quiet』はSaddle Creekから10月7日に発売される。(オフィシャル先行予約はこちらから)

©︎ Craig McIntosh

Carla J Easton(カーラ・J・イーストン)とSimon Liddell(サイモン・リデル)によるプロジェクト、Poster Paintsが、10月中旬に発売予定のセルフタイトルアルバムのプレビューシングルを公開しました。

 

今回発表された「Not Sorry」は「Falling Hard」、「Never Saw It Coming」、「Circus Moving On」に続くプレビューシングルです。


"これはすぐにライブで演奏するお気に入りになったし、リリースできてとても嬉しい!" イーストンは声明の中で『Not Sorry』についてこう語っている。「眠れるマジー・スターのようなサウンドだ。囁くような内省的な嘆きの中で、ブリスターなギターで大コーラスをドライブさせる」




Poster Paintsのセルフタイトル・デビューアルバムは、Ernest Jenning Record Co./Olive Grove Recordsから10月14日に発売されます。

 

 

 

 

 Poster Paints  『Poster Paints』

 


 

Tracklist:

 

1.Still Got You

2.Number 1

3.Not Sorry

4.Never Saw It Coming

5.Falling Hard

6.Falling Hard

7.Ribbons(feat.Lomond Campbell)

8.Rupture

9.Hard To Sweeten

10.My Song

 


Pre-order:


https://linktr.ee/posterpaints

 

  

©︎C.J. Strehlow

 

Calexico (Joey Burns and John Convertino)が、新曲「Rambler」を公開しました。ANTI-からリリースされています。


Joey Burnsはプレスリリースで、この曲は、北西部で過ごした時間からインスピレーションを得たと述べています。

 

「この旅のあいだ、私は、亡霊を見続けており、これらの物語を歌ってくれる人を探していました。John(Covertino)と私がレコーディングのために出会ったとき、音楽は一瞬でまとまりました。聴くと、アコースティックギターとドラムの間の自発的な輝きを感じることができます。その後、スライドギター(Connor Gallaher)とバッキングボーカル(Luke Ydstie)を加えて、色彩と個性を作り上げていった」


カレキシコの最新アルバム『El Mirador』は、ANTI-から2022年4月に発売された。レビューはこちらからお読み下さい。


 



サウス・ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター、flowerovloveが新曲「I Gotta I Gotta」を公開しました。

 

コートジボワール出身のJoyce Cisseは2020年、弱冠15歳で『Kiss & Chase』でデビューを飾り、2021年デビューEP『Think Flower』をリリースしている。ヒプノティックなビートとメランコリックなメロディー、ノスタルジックでオーガニックな雰囲気にカタルシス溢れるリリックによるベッドルームポップ/ネオソウルを奏でる。

 

フラワー・オヴ・ラブの最先端のスタイルは、現在、ファッションアイコンとしても大きな注目を浴びている。GucciやPangaiaなどラグジュアリーからサスティナブルブランドのキャンペーン、XULY.Bëtといったアフリカン・ヘリテージブランドまでこのアーティストを登用するようになっている。


今回、フラワー・オヴ・ラブは、最近のシングル「Get With You」、「Hannah Montana」に続く最新作「I Gotta I Gotta」を発表した。この最新シングルについて、彼女はこう語っている。"「I Gotta I Gotta」は、人生で行きたい場所を探すこと、そして、それがどこなのかわからないけれど、時間がないことを恐れて、今行く必要があることを歌っている "と語っている。

 

この曲は、11月19日に開催される”Pitchfork Festival Paris”への出演を目前に控え、発表された。



Sudan Archivesはニューアルバム「Natural Brown Prom Queen」を9月9日にリリースしたばかりです。

 

昨夜、スーダン・アーカイブスはスティーブン・コルベールのレイトショーに音楽ゲストとして出演し、長い間彼女の頭の中にあったに違いないパフォーマンスを披露してくれました。


スティーブン・コルベール司会の番組内で、スーダン・アーカイブスは最近のシングル "Selfish Soul "を披露しています。3人のバックシンガー、そして、1人のベーシストとステージを共有し、視覚的な演出も考え抜かれ、全員の真っ黒なステージ衣装が印象的な空間性を作り出しています。

 

スダン・アーカイヴは、黒い革のミニドレスに電子バイオリンを抱え、歌い、ラップし、踊り、バイオリンを弾きながら、流れるような喜びを表現した。スタジオの観客はスタンディングオベーションでその演奏を称えた。

 

 

 

Lindsey Byrnes
 

カナダのパンクロックバンド、White Lungが5枚目となる新作アルバム『Premonition』の詳細を明らかにしている。


2016年のアルバム『Paradise』のフォローアップとなるアルバムは、3人組が2017年に母国バンクーバーで再集結した際に書かれ、全10曲で構成される。Domino Recording Companyから12月2日にリリースされる予定だ。


本日、バンドは2曲の新曲も公開した。アルバムのリード・シングル「Date Night」は、ボーカルのミッシュ・バーバーウェイが「街を出る途中の燃え盛るロサンゼルスで、神を虚無的な不良少年として酔っぱらい運転する姿を想像する」曲だといい、「Tomorrow」とともに公開されている。


「なぜなら、自己反省する代わりに怒りの中で生きることは安全で心地良いことだから」とミッシュは”Date Night”について説明する。一方、「『Tomorrow』は妊娠がわかったときに書いた曲。人生が永遠に変わってしまうということをとても真剣に理解し、その変化を迎えることに安堵したんだ」 と語っています。


「Date Night」と「Tomorrow」のミュージック・ビデオは以下から、『Premonition』のトラックリストは記事下部からご確認ください。 

 

 

「Date Night」

 

 

「Tomorrow」

 




White Lung 「Premonition」

 

 


Tracklist:

 

1. Hysteric
2. Date Night
3. Tomorrow
4. Under Glass
5. Mountain
6. If You’re Gone
7. Girl
8. Bird
9. One Day
10. Winter
 


Pre-order:


https://whitelung.ffm.to/premonition


 

©︎Alysse Gafkjen

テネシー州ナッシュビルのシンガーソングライター、Margo Price(マーゴ・プライス)がニュー・アルバムの制作を発表した。

 

2020年の『That's How Rumors Get Started』に続くフル・アルバム『Strays』は、2023年1月13日に発売される。

 

今回発表されたニューシングル「Change of Heart」は、先日公開された「Been to the Mountain」に続く、アルバムの最新プレビューとなります。Courtney Hoffmanが監督したミュージックビデオと、アルバムのアートワーク、トラックリストは以下の通りです。


この新作アルバムは、マーゴ・プライスとジョナサン・ウィルソンがプロデュースし、2021年夏にカリフォルニア州トパンガ・キャニオンのFivestar Studioで主にレコーディングされた。シャロン・ヴァン・エッテン、マイク・キャンベル、ルシアスのヴォーカルが加わっている。


"動き続け、創造し続けなければならないという衝動を感じている "とプライスは声明で述べている。

 

「同じ思考パターン、同じ中毒のループにはまり込んでしまう。でも、「私はここにいて、それを楽しみ、他の人のためにチェックすることに重きを置かない」と言わなければならない時が来るのです。私は、今、書き方がより成熟していると感じています。大勢の観客や賞賛を求めるだけではありません。自分の魂が必要としているものを探そうとしているんです」

 


 

来月、マーゴ・プライスは作家としてのデビュー作となる回顧録『Maybe We'll Make It』を出版する予定です。 

 

 

 

 Margo Price 『Strays』

 


 

Tracklist:

 

1.Been To The Mountain

2.Light Me Up[feat.Mike Campbell]

3. Radio[feat.Sharon Van Etten]

4.Change Of Heart

5.Country Road

6.Time Machine

7.Hell In The Heartland

8.Anytime You Call[feat.Lucius]

9.Lydia

10.Landfill

 

 

Pre-order:


https://linktr.ee/missmargoprice

 

 


John Mark LaphamがOld Fireのアルバム『Voids』から新曲「Dreamless」を公開しました。

 

Bill Callahan(ビル・キャラハン)とのコラボレーション曲「Don't You Go」に続く新曲は、シンガーソングライターのAdam Torres、チェロにSemay Wu、キーボードにChristian Madden、ドラムにJoe Ryanを迎えて制作されました。Nathan Driskellが監督した映像は以下からどうぞ。


ジョン・マーク・ラファムは、「『Dreamless』は、このアルバムのパズルの最後のピースだった」とコメントしています。

 

「Alex Hutchinsが送ってくれた即興のテイクをカットダウンして、伝統的なポップスの構造に似たものを作ったんだ(少なくともOld Fireのような "ポップス "としては)。

 

ヴォーカルを想像していた時、ピーター・ガブリエルのような人が歌っているのを聞いて、彼のように戦慄を与えてくれる人を探したんです。そこでアダム・トレスの登場だった。トール・ハリスもビルも彼と一緒に仕事をしていたので、彼が私たちのファミリーに加わることはとても理にかなっていた。

 

歌詞の内容については少し指示を出しただけで、孤独や孤立、愛なしに生きるとはどんな感じかというテーマについて話をしました。彼は美しい言葉を並べ、曲に命を吹き込んでくれたんだ」

 




ニューアルバム『Voids』は11月4日に”Western Vinyl”からリリースされる。また、Julia Holter、Emily Crossなどとのコラボレーションも収録されている。


Guns N' Rosesは、63曲の未発表曲を含む96曲を収録した大規模なUse Your Illusion I & IIボックス・セットを発表しました。このコレクションは、複数の形式で11月11日に発売されます。


GN'Rは、31年前の1991年9月17日に「Use Your Illusion」のオリジナルアルバムをゲフィンからリリースしました。

 

今回のリイシューは、1/2インチのアナログステレオマスターを96kHz/24bitでデジタル転送し、初めてフルリマスター化された。リイシューは、様々な構成で提供される。スーパーデラックス7枚組CD+ブルーレイ、スーパーデラックス12枚組LP+ブルーレイ、ターンテーブルスリップマット付き4枚組LP、Use Your Illusion IとUse Your Illusion IIの2枚組デラックスエディション、Use Your Illusion IとUse Your Illusion IIの通常1枚組CDと2枚組LPスタンドアローンバージョンなど。すべてのバージョンは、ストリーミングとデジタルダウンロードで入手できます。


スーパー・デラックス・エディションは、熱心なファンやコレクターのためのマストアイテムとなり、499.98ドルで販売される予定だ。

 

オリジナル・アルバムに加え、1991年のニューヨークと1992年のラスベガスでの未発表コンサート音源が180グラムのLP8枚に収録されている(それぞれオリジナルのマルチトラックテープから新たにミックスされている)。

 

付属のブルーレイディスクには、35mmフィルムプリントから4K UHDにトランスファーされ、1080p 24fps HDで収録されたコンサートフィルム「Live in New York」全編と、Dolby Atmos、Dolby TrueHD 5.1 surround、PCM 48kHz 24-bit stereoでミックスされたオーディオが収録される。


さらに、他にGN'Rの特典が盛りだくさんとなっている。未発表の写真や資料、ファンクラブの記念品、リトグラフ、バンドの写真プリント、バックステージパスのレプリカ、コンサートチケットのレプリカ、GN'Rのポスターなど100ページにわたるハードカバーブックが付属しています。


また、CD版には、それぞれ独自の封入特典があり、その中でも注目は「November Rain (2022 Version)」の初収録でしょう。この新バージョンでは、グラミー賞受賞作曲家クリストファー・レナーツが指揮・編曲した本物の50人編成のオーケストラの演奏を初めて採用している。

 

現在、Guns N' Rosesのマーチャンダイズサイトで、様々なフォーマットのコレクションを予約することが可能です。以下、「You Could Be Mine」の未発表ライブ音源のストリーミング、スーパー・デラックス・エディションのトラックリスト、ボックス・セットの内容をご覧いただけます。


 



Gun's N' Roses 「Use Your Illusion I II  Super Deluxe Edition」





Tracklist:


CD 1


Use Your Illusion I (Original Album Remastered)


01. Right Next Door To Hell
02. Dust N’ Bones
03. Live And Let Die
04. Don’t Cry (Original)
05. Perfect Crime
06. You Ain’t The First
07. Bad Obsession
08. Back Off Bitch
09. Double Talkin’ Jive
11. November Rain*
12. The Garden
13. Garden Of Eden
14. Don’t Damn Me
15. Bad Apples
16. Dead Horse
17. Coma

 

CD2


Use Your Illusion II (Original Album Remastered)


01. Civil War
02. 14 Years
03. Yesterdays
04. Knockin’ On Heaven’s Door
05. Get In The Ring
06. Shotgun Blues
07. Breakdown
08. Pretty Tied Up
09. Locomotive
10. So Fine
11. Estranged
12. You Could Be Mine
13. Don’t Cry (Alt. Lyrics)
14. My World

 



世界で絶大な人気を誇るK-Popグループ、Blackpinkは一昨日の晩、アメリカの深夜番組「Jimmy Kimmel Live!」に音楽ゲストとして出演し、最新シングル「Shut Down」をライブで初披露しました。ライブパフォーマンスの模様は以下でご覧ください。


「Shut Down」は、”YG Entertainment/Interscope Records”から9月16日に発売されたBlackpinkのセカンドアルバム「Born Pink」の収録曲。「Shut Down」に加え、プロモーション用シングル「Pink Venom」が収録されています。K-POPグループは、今年後半にBorn Pink World Tourに出発する予定です。


 



2022年度Polaris Music Prizeの受賞者が九時間前に発表され、ピエール・クウェンダースのアルバム『José Louis And The Paradox Of Love』が受賞作として選出されました。


『José Louis And The Paradox Of Love』は、コンゴ出身、現在、モントリオールを拠点に活動するシンガーソングライター兼DJのサードアルバムとして4月にリリースされた。これまでに受賞したCadence Weapon、Backxwash、Haviah Mighty、Jeremy Dutcher、Lido Pimienta、Kaytranadaに続く、カナダのアルバム・オブ・ザ・イヤーとして選ばれている。また、ピエール・クウェンダースは5万ドルの賞金を獲得した。


2018年に「MAKANDA at the End of Space, the Beginning of Time」で2018 Polaris Music Prizeのショートリスト入りを果たしたことのあるピエール・クウェンダースは、次のような受賞コメントを提出している。


「これはクレイジーだ、主催側が何を考えているかさえよくわからないよ。これはカナダに移り住んでいるディアスポラ、アフリカン・ディアスポラ出身のすべての子供たちのために捧げられるものだ。時々、自分が何にぶつかっているのか、何に入ってくるのかわからないと感じることがあります。


それでも、希望はあるんだ。生きて、夢見て、自分らしくいられる場所がある。このアルバムは特に、自分自身であること、そして自分自身の物語を語ることをテーマにしている。José Louis And The Paradox Of Loveは、あなたのためにあるんだよ!もしあなたがつながれると感じたら、つながろうよ。話しましょう! 楽しもうよ! 自分らしくいよう。そして生きているうちに、愛し合おう!」


Destroyer、Charlotte Day Wilson、Ouriなど、他の候補者は、残念ながら受賞とはなりませんでしたが、本イベントを主催するSlaight Musicから賞金3,000ドルが贈られました。

 

での



アイルランドのロックバンド、Foutains DCの単独公演が決定しました。同バンドは、今年の始め、「Skinty Fia」をリリース、フジロックフェスティバルでの公演が予定されていたが、キャンセルとなった。


あらためて仕切り直しとなるフォンテインズD. C.単独公演は、smashが主催し、2月17日に大阪・梅田、18日にはspotify O- Eastで開催される。


本ツアーの詳細につきましては、下記smash公式ホームページよりご確認ください。


https://smash-jpn.com/live/?id=3780




今年、サマーソニックで劇的な公演を行ったイギリスのロックバンド、The 1975の単独来日公演が決定しました。クリエイティブマン主催のツアーは、来年の4月下旬に、横浜ピア・アリーナ、名古屋、愛知スカイエクスポ、大阪、大阪城ホールの三箇所で、四日間にわたって開催される予定です。


本公演の詳細につきましては、下記のクリエイティブマン公式ホームページを必ずご確認下さい。


©︎Paul Elledge

 スマッシング・パンプキンズは、『ATUM(オータム)』と名付けられた3幕構成のロックオペラとして構想される新作アルバムを、今後、5ヶ月間にわたって3回に分けてリリースすることを発表しました。
 
 
 
現在公開されている「Bebguiled」で33曲入りのプロジェクトをプレビューしている。パンプキンズは火曜日未明、TikTokで「Beguiled」をライブで披露し、ファンに先行曲を提供していた。
 
 



フロントマンのビリー・コーガンは、過去4年間に渡ってATUMの作曲とプロデュースを行い、このアルバムを1995年のアルバム『Mellon Collie and the Infinite Sadness』と2000年の作品『Machina/The Machines of God』の続編として構想している。

 

『ATUM』は11曲入りの3枚組で、第1幕は11月15日、第2幕は2023年1月31日、第3幕は2023年4月21日に発売される。また、ファンは全33曲に加え、10曲の未発表曲を追加した特別なボックスセットを予約できます。


ATUMの各楽曲は、新たに発表されたコーガンのポッドキャスト・シリーズ「Thirty-Three with William Patrick Corgan」で毎週時系列に公開される予定です。最初の2つのエピソードは現在バンドのウェブサイトから入手可能で、新曲 "Atum" Butterfly Suite "を収録しています。

 

©︎Nik Kwing


ジョーズ・オブ・ラブ (別名:Kelcey Ayer、インディー・ロック・バンドLocal Nativesのボーカリスト/インストゥルメンタル奏者)が、11/11にソロ・アルバム『Second Life』をリリースすると発表しました。

 

Kelcey Ayerは、同アルバムのリード・シングル、「5 Years」のミュージックビデオも公開しています。このビデオは、アルバムのトラックリストとカバーアートと共に、下記からご覧いただけます。


Ayerはプレスリリースで、この新しいシングルについて詳しく説明しています。「この曲は、数年前に終わった親密な関係をもとに、ゆるやかに書いたんだ」

 

「曲の中で私は、相手が電話に出るかどうか分からないのに、勇気を出して電話をかけ、修復できるかどうかを確認する、という架空のことをやっています。この曲は、私の新譜『Second Life』からの一曲です」

 

「このアルバムを世に送り出すことができ、とても誇りに思っています。このビデオは、妻と共同で監督したのですが、10カ所ほど、20カ所ほどのエスカレーターを使いました。ロサンゼルスの労働者の日で、最高気温が摂氏105度だったので、熱中症で気を失いそうになりながらやりました。それをやってのけた妻がMVPでしょう。彼女がやったなんてちょっと信じられない」


5月、Ayerは、EP『Patricia』を発表している。さらに、2017年にK-Rizzla/House ArrestからJaws of Love.としてのソロ・デビュー作『Tasha Sits Close to the Piano』をリリースしている。



 




 Jaws Of Love. 『Socond Life』


 

 

 Tracklist:
1. 1000 Years
2. Angelica
3. Guard & Prisoner feat. Omotola
4. Rainbow Baby
5. Tarot Cards feat. Adam Olivieri & Combat!
6. Rachel Takes a Bath
7. Staple Gun feat. Combat!
8. 5 Years feat. Combat!
9. 100 Years 
10. The Heist


 


ワシントンD.C.の伝説的なポスト・ハードコアバンド、Soulsideがニューアルバム『A Brief Moment in the Sun』をDischordから11月18日にリリースすることを発表しました。

 

この新作は、1989年の『Hot Bodi-Gram』以来のフル・アルバムとなる。ドラムのAlexis Fleisig、ギターのScott McCloud、シンガーのBobby Sullivan、ベースのJohnny Templeは、2021年にIan MacKayeの助けを借りて、J. Robbinsと直接会ってレコーディングを行ったという。


「"ア・ブリーフ・モーメント・イン・ザ・サン "の曲作りは2020年後半に始めたんだ」とバンドは語っている。

 

「世界的なパンデミックの最中に、4つの別々の場所(ニューヨーク、ロサンゼルス、ノースカロライナ、オーストリア)からバーチャルに音楽を作ろうとするのは、最初は、大変でしたが、すぐに曲作りのグルーヴを見つけ、自分たちのペースを保つために隔週で、ビデオ会議通話を追加していきました」

 

「11月には、ブルックリンで4日間の直接リハーサルを行い、その後、ボルチモアのカササギケージスタジオで、旧友のJ・ロビンスと一緒に、アルバムのレコーディングに臨みました。J.との作業は、とても素晴らしいもので、彼は、曲に重要な変更を加えるインスピレーションを与えてくれ、イアン・マッケイもスタジオに2日間来て、曲をさらに強くする手助けをしてくれた」

 

「『A Brief Moment in the Sun』は、物語性のあるLPで、ボビーの個人的な体験に基づくものもあれば、アメリカにおける人種的抑圧の歴史的な視点を含む、社会政治的に不安定なテーマを扱ったものもある。音楽と歌詞の両方において、この新しいアルバムはSoulsideが数年前に去った場所をピックアップしている-しかし、ノスタルジアは全くない」 

 

 

 

 

Tracklist:

 

1.Times Like These
2.Day 2
3. Every Clover
4.Reconstruction
5. Runner
6.Walker
7.Tambourine
8.70's Heroes
9. Resolved
10.Rediscovery
11. Survival
12. It's All About Love
 
 
 
 
 
 
Soulside  ーーBiographyーー



ソウルサイドは1985年にワシントンDCで結成され、1989年に解散、その後2014年に再結成し、その後も演奏や曲作りを続けている。
 
 
Sammich/Dischordからデビュー・アルバムをリリースした後、Trigger (Dischord, 1988) とHot Bodi-Gram (Dischord, 1989) を録音し、1990年にSoon Come Happy CDにまとめられた。この時期、バンドはアメリカやヨーロッパで大規模なツアーを行い、1989年のベルリンの壁崩壊直前にはポーランドや東ベルリンでの画期的なライヴも行った。

 
2020年、ソウルサイドはプラハで録音された30年ぶりの新作7インチ『This Ship』をリリースした。
 
 
2022年後半、Dischordは12曲入りのソウルサイドのアルバム『A Brief Moment in the Sun』をリリースするが、これはコロナウイルスのパンデミックの中心で書かれ、2021年11月にJ・ロビンスによって直接録音されたものである。
 
 
ソウルサイドは2022年9月にヴァーバル・アサルトと東海岸で5公演を行い、2023年にはニュー・アルバムをサポートするためにアメリカとヨーロッパでのツアーを計画している。ソウルサイドは アレクシス・フライシグ(ドラムス)、スコット・マクラウド(ギター&ボーカル)、ボビー・サリバン(ボーカル)、ジョニー・テンプル(ベース)。